2016年1月30日(土)のメンテナンスは完了しました。ご協力ありがとうございました。

シーブック・アノー

提供: ガンダムWiki
移動先: 案内検索

シーブック・アノー(Seabook Arno)[編集]

  • 登場作品:機動戦士ガンダムF91
  • 声優:
  • 種族・性別:
  • 生年月日:
  • 年齢:--歳
  • 身長:---cm
  • 体重:---kg
  • 血液型:
  • 所属:民間人→レジスタンス
  • 階級:
  • 役職・称号など:MSパイロット
  • 主な搭乗機:ガンダムF91
  • キャラクターデザイン:

スペースコロニー・フロンティアIVの総合高校の工業科に通う17歳の高校生。父レズリーと妹リィズとの3人暮らし。地球連邦軍クロスボーン・バンガードの戦争に巻き込まれ、連邦軍の練習艦スペース・アークに収容される。艦の人員不足を補う為、ガンダムF91のパイロットとなる。戦いの中でニュータイプの素質を開化させていった。別居状態の母モニカがF91の開発に関わっていた。

登場作品と役柄[編集]

機動戦士ガンダムF91

人間関係[編集]

セシリー・フェアチャイルドベラ・ロナ
ガールフレンド。同じ高校の普通科の生徒で学園のマドンナ。
実はロナ家の娘だった。
レズリー・アノー
父。コロニー公社で働いている。妻とは別居状態。妻の研究に対する情熱を理解し、サナリィに行くことを許していた。
セシリーを連れ戻そうと単身敵地に乗り込んだシーブックを逃がす為、凶弾に倒れた。
リィズ・アノー
妹。小学4年生。ガンダムF91のバイオコンピューターの配線の秘密を解く。
モニカ・アノー
母親。サナリィ所属のコンピューター技師。F91の開発に関わる。

名台詞[編集]

「親が子供に銃を向けるのか!」
銃を突き付けてでもセシリーを連れていこうとした義父シオ・フェアチャイルドに向かって放った言葉。『親に銃を向けるのか!』と言いつつ自身は息子に向かって発砲していたフランクリン・ビダンとは対照的である。
「パイロットは死んだ…死んだか…」
戦闘中に敵機を落とした時の台詞。ゲーム等では軽い感じで口にするが、劇場版ではかなり重い感じで口にしている。
「こいつは…強力すぎる…」
ビームライフルではクロスボーン・バンガードのMSのビームシールドに歯が立たないため、高威力のヴェスバーを使用し敵機を破壊した時の台詞。実際は台詞ではなく、シーブックが心の中で思っている事である。
「何でこんな所に来るんだよ!」
クロスボーン・バンガードがコロニー内に侵入した時の戦闘中の台詞。
「コロニーの中じゃ、むやみに撃てないってのに!」
この台詞の後、ヴェスバーをなぜか連射し、コロニーを破壊する。ある意味、迷言。
「抵抗するんじゃない!行っちゃえよ!」
同じく戦闘時の台詞。この後、ビームシールドの発生装置をビームライフルで狙い撃ち、シーブックのパイロットスキルの高さを証明させた。
「もっとだ、もっと、もっと来い!」
ビームサーベルを両腕で回転させながらバグを引きつける時の台詞。回転するビームサーベルの範囲外(後方)のバグはヴェスバーで対応した。
「なんとぉ!」
シーブックがラフレシア戦で最後の攻撃を仕掛ける時の台詞。語源、意味は不明、掛け声という説もある。
「Vガンダム」の主人公ウッソ・エヴィンもこの台詞を口にしている。

搭乗機体・関連機体[編集]

ガンダムF91
ガンタンクR-44

商品情報[編集]

話題まとめ[編集]

資料リンク[編集]

リンク[編集]