ガンタンクR-44

提供: ガンダムWiki
Jump to navigation Jump to search
ガンタンクR-44
外国語表記 Guntank R-44
登場作品
デザイナー 大河原邦男
テンプレートを表示
スペック
分類 試作可変モビルスーツ
型式番号 RXR-44
F50D
RX-107
頭頂高 10.3m
本体重量 8.7t(推定値)
全備重量 11.8t
主動力 熱核融合炉
ジェネレーター出力 1,050kW
スラスター総推力 14,000kg
アポジモーター数 28
装甲材質 不明
開発組織 サナリィ
所属 サナリィ
地球連邦軍
ロイ戦争博物館
主なパイロット ロイ・ユング
シーブック・アノー
その他
テンプレートを表示

概要 [編集]

フォーミュラ計画の初期に開発されたF50Dの修復機。フロンティアIVの戦争博物館館長であったロイ・ユングによってガンタンクR-44の名称が与えられた[1]

戦車形態になることで被弾率が低下し射撃性能が安定するが機動性は落ちる。本機は宇宙世紀100年以降の次期主力MSの開発プランの一つだったが、小型MSが動く以外の成果が得られなかったため正式採用は得られなかった。小型機のわりには乗員が多く、コックピットが4つある。試作機ゆえにセンサーなどはジェガンの流用、スラスターなどはギラ・ドーガのものを流用しているようだ。

実験後放棄されていたものをロイが引き取り個人的に修復していたようであるが、管理状態は万全でなかったようだ。実際、『F91』劇中ではキャノン砲が1回の発射で大破、胸部ハッチが閉まらないなどの不具合が発生している。

登場作品と操縦者[編集]

機動戦士ガンダムF91
クロスボーン・バンガードの襲撃を受けてロイが起動させたがろくに整備されておらず左側のキャノン砲が発砲に耐えきれず破裂したり、コックピットハッチが締まらなかったりしていた。ロイ達、博物館職員の死亡後は、シーブック達によってフロンティアIV脱出のための移動手段として利用された。
機動戦士ガンダムF90FF
第2話に登場。

装備・機能[編集]

特殊機能[編集]

変形
戦車形態に変形可能。

武装・必殺攻撃[編集]

200mmキャノン砲
両肩部に装着される200mm滑腔砲。砲弾は200mm徹甲弾が採用されている。
なおロイが所有していた機体は、彼によって炸薬と砲身に改造が施されている。
4連ミサイルポッド
両腕部に装備されている外装式のミサイルランチャー。
フィンガーランチャー
両指先に内装されている。

対決・名場面[編集]

関連機体[編集]

F50D
原型機。
ロト
同系列の機体。
ジェガンタイプ
本機の頭部センサー類に内装部品が流用されている。

商品情報[編集]

ガンプラ[編集]

資料リンク [編集]

リンク[編集]

脚注[編集]

  1. 機体名のR-44はロイの頭文字(ROY)と彼が44歳の時に本機を入手した事に由来している。