ガンタンクR-44 パワードウェポンタイプ

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
ガンタンクR-44 パワードウェポンタイプ
外国語表記 Guntank R-44 Powered Weapon Type
登場作品 F91-MSV
デザイナー 大河原邦男
テンプレートを表示
スペック
分類 試作型可変モビルスーツ
型式番号 F50D
主動力 熱核融合炉
開発組織 サナリィ
所属 サナリィ
テンプレートを表示

概要[編集]

サナリィの試作型可変モビルスーツガンタンクR-44の原型であるF50Dの開発中に提出されたプランである。ガンタンクR-44と名付けられたのはロイ・ユングの手に渡ってからなので、機体名称は少々正しくない。

このプランはビーム砲と対空射撃システムを装備するプランであり、多数の火器を備えた機体となっている。それらの火器を活かすため頭部には対空精密照準システムが搭載されている。腕部は複合火器となっており、マニピュレーターとしては機能しない。武装的に戦車形態を主体と考えていたのか頭部にスモークディスチャージャーが搭載されている。また、カラーパターンとして野戦迷彩タイプが存在している。

このプランは採用されず長距離キャノン砲を装備したプランが採用された。

登場作品と操縦者[編集]

F91-MSV
出典元。
機動戦士ガンダムF90FF
本機自体は登場しないが本機の頭部とモーターガンユニットを装備したガンタンクR-44が登場する。

装備・機能[編集]

特殊機能[編集]

変形
戦車形態に変形可能。

武装・必殺攻撃[編集]

4連マシン・キャノン
右肩部に装備されている大型機関銃。Gキャノンに装備されている4連マシン・キャノンの長銃身化タイプで射程が延長されているため、頭部の対空精密照準システムと連動することで対空攻撃が可能。
2連ビーム・キャノン
右腕部に外装されているビーム砲。
フィンガーランチャー
右腕部に内装されている武装。なお、ガンタンクR-44と異なりマニピュレーターとしては機能しない。
モーターガンユニット
左腕に備わる複合火器システム。
20mm8銃身ガトリングガン
8門の砲口を持つ大型機関銃。上部にはセンサーが備わっている。
35mm機関砲
ガトリングガンの側面に装備されている機関砲。
20mm機関砲
35mm機関砲下部に2門内蔵されている機関砲。
スモークディスチャージャー
頭部左側に3セット装備されている発煙弾発射機。

対決・名場面[編集]

関連機体[編集]

ガンタンクR-44
採用されたF50Dのレプリカ機。

商品情報[編集]

リンク[編集]