ザクII改

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
ザクII改
外国語表記 ZAKU II CUSTOM
登場作品
デザイン 出渕裕
テンプレートを表示
スペック
分類 汎用量産型モビルスーツ
型式番号 MS-06FZ
全高 17.5m
本体重量 56.2t
全備重量 74.5t
動力 熱核融合炉
ジェネレーター出力 976kW
スラスター総推力 79,500kg
装甲材質 超硬スチール合金
センサー有効半径 3,200m
開発 ジオニック社
所属 ジオン公国軍、他
主なパイロット
テンプレートを表示

概要[編集]

ジオン公国軍が開発した量産型モビルスーツザクIIの最終生産型。

統合整備計画」に基づいて生産されており、原型機からの全面的な改装が行われている。そのおかげで機体性能は向上し、一説にはゲルググドムに匹敵する性能を得られたとされる。また、スラスター総推力がザクIIF型より70%向上し、短時間ながらドムのようなホバリング走行を可能としている。ただ、推進剤の量に変化は無いため、稼働時間は元のF型の半分にまで落ちている。生産が戦争末期であるため生産数は少なく、実戦に投入された機体はごく少数に留まった。

バリエーションに頭部がドイツ軍のヘルメットのような形状になっているB型(通称「フリッツヘルム」)がある。

なお、本機は映像作品としては史上初の「(相打ちとはいえ)ガンダムを倒したザク」である。(後にエース用に改修された旧ザクに大破されたガンダムトドメを刺そうとしたザクに暴発したバズーカで戦闘不能に追い込まれたガンダムなどが登場した。)

登場作品と操縦者[編集]

機動戦士ガンダム0080 ポケットの中の戦争
劇中ではバーナード・ワイズマン(バーニィ)が搭乗し、B型を含む一般機と指揮官機も登場した。バーニィ機は第1話で被弾し森林公園に不時着・放置されていたが、後にバーニィとアルフレッド・イズルハの手によって修復される。最終話のクリスマス作戦でクリスチーナ・マッケンジーガンダムNT-1と交戦し中破させるが、本機もコクピットを貫かれて撃墜された。
機動戦士ガンダム ギレン暗殺計画
白く塗装されたB型が首都防衛大隊機として登場している。
機動戦士ガンダムUC(OVA版)
Episode 4にジオン残党軍のB型が登場。

装備・機能[編集]

武装・必殺攻撃[編集]

ヒート・ホーク
接近戦用の武装。腰部にマウントしている。
MMP-80マシンガン
従来のザク・マシンガンに代わる主力武装。口径は90mm。
グレネード・ランチャー
マシンガンに追加装備が可能な実弾兵装。
ハンド・グレネード
腰部右側に3つ装備している武器。『ポケットの中の戦争』ではバーニィがワイヤートラップ用に使用した。
シュツルム・ファウスト
使い捨ての無誘導ロケット推進弾。
ザク・バズーカ
ザク系列機が使用するバズーカ。『UC』に登場したB型が装備。

対決・名場面[編集]

ガンダムNT-1

関連機体[編集]

ザクII
ベース機。
ザクII中期量産F型
本機から逆算してデザインされたザクIIF型

商品情報[編集]

ガンプラ[編集]

フィギュア[編集]

リンク[編集]