ガンダムF90-Kタイプ

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
ガンダムF90-Kタイプ
外国語表記 Gundam F90 KeeP Type
登場作品
デザイナー 大河原邦男
テンプレートを表示
スペック
分類 汎用試作型モビルスーツ 持久戦形態
型式番号 F90K
全高 14.8m
主動力 熱核融合炉
装甲材質 ガンダリウム合金セラミック複合材
開発組織 サナリィ
所属組織 地球連邦軍
所属部隊 第13実験戦団 (第13独立機動艦隊)
主なパイロット パッツィ・アンゲリカ(2号機)
テンプレートを表示

概要[編集]

ガンダムF90に持久戦用ミッションパックを装備した形態。拠点や母艦の防御に特化した形態であり、攻撃力よりも防御力の向上を優先している。

左腕部に試作型メガ・ビーム・シールド、両肩部にIフィールド・ジェネレーターを各3基ずつ装備する事で実体弾・ビーム双方の攻撃を無効化する。試作型メガ・ビーム・シールドは腰部に増設されたジェネレーターからダイレクトに出力を供給され、機体を覆うだけのビーム・バリアを発生させる事が可能である。

自機の他、周囲の機体や拠点を守る鉄壁の防御力を有する反面、武装の追加は行われておらず、攻撃力は僚機に頼る必要があり、小隊など部隊運用を前提とした装備という性格が強い。

登場作品と搭乗者[編集]

機動戦士ガンダムF90
ミッションパックの名称および仕様の初出。
F90 A to Z PROJECT
大河原邦男氏によりBタイプと共に画稿が新規に設定された。
機動戦士ガンダムF90FF
第9話~10話にて登場。チームBの最終テストの最中にGBGの襲撃を受けて応戦。フルアーマータイプのジムIIIを追跡し、ティグリスとの決闘の場に誘い出されるが……。

装備・機能[編集]

特殊機能[編集]

試作型メガ・ビーム・シールド
左腕に装備した大出力ビーム・シールド。敵MSやMAからのビーム攻撃や実体弾攻撃を無効化する防御装備で腰部ジェネレーターとケーブルによって接続されており、ダイレクトに出力を得る事ができ、四基のシールドビットを射出する事で広範囲にビーム・バリアを発生させる。
本来は防御用の装備だがパッツィはジェネレーターと接続されたケーブルをワイヤートラップのように使用し、シールドのビームで敵機を両断するなど、攻撃目的に使用している。
Iフィールド・ジェネレーター
両肩のハードポイントに各3基、計6基装着。メガ粒子砲によるビーム攻撃を、Iフィールドで逸らす事で防御する。

武装・必殺攻撃[編集]

バルカン砲
頭部に2門装備。
ビーム・サーベル
バックパックに2基装備された白兵戦用のビーム兵器。
ビーム・ライフル
Eパック方式を採用した専用ライフル。
メガ・ビーム・バズーカ
Aタイプと同型の装備。Bチーム最終テストの際に装備。

対決・名場面[編集]

関連機体[編集]

ガンダムF90
本体。
V2ガンダム / V2アサルトガンダム
後年に開発された完成版のメガ・ビーム・シールドを装備する機体。V2アサルトは更に両肩に耐ビームコーティングが施されたIフィールド・ジェネレーターを搭載している。
クロスボーン・ガンダムX1フルクロス
両肩にIフィールド・ジェネレーターを搭載するF計画系列機。こちらは両肩に各2基の計4基を装備。

商品情報[編集]

資料リンク [編集]

リンク[編集]