フルバレットザク

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
フルバレットザク
外国語表記 Full Bullet Zaku
登場作品 機動戦士ガンダムMSV戦記 ジョニー・ライデン
デザイナー 長谷川裕一
テンプレートを表示
スペック
分類 宇宙用試作型モビルスーツ
型式番号 MS-06R-2S
頭頂高 18.0m
本体重量 69.8t
主動力 熱核融合炉
ジェネレーター出力 1,340kW
スラスター総推力 60,000kg
装甲材質 超硬スチール合金
開発組織 ジオン公国軍
所属 ジオン公国軍
主なパイロット ジョニー・ライデン
テンプレートを表示

概要[編集]

ジオン公国軍が開発した試作型モビルスーツジョニー・ライデン専用高機動型ザクIIを改修した機体で、大量の実弾兵装を装備している。正式な機体名称は決められておらず、ジョニーによってフルアーマーガンダムに対抗して「フルバレット(全弾丸)」と名付けられた。

R-2型は元々試製高機動型ザクII (R-2P型)でビーム・ライフルのテストを行っていたが、問題があり非ビーム兵器搭載の高機動型ザクII (R-2型)が開発されることとなった。ビーム・ライフルを装備可能な機体を量産化するプランAはゲルググで実用化されたが、万が一間に合わなかった場合に備えて用意されていたプランBが大量の実弾兵装を装備するこの機体である。大量の実弾兵装を装備しているため機動力が若干低下しているが、元々推力の高い機体であったため当時の機体としては最高水準の機動性を維持している。他には頭部にブレードアンテナの代わりにヒート・ホークシンボルが装備されている。背部の推進器には特に手は加えられていないが、フロントアーマーにバーニアが追加されている。

登場作品と操縦者[編集]

機動戦士ガンダムMSV戦記 ジョニー・ライデン
大破したジョニー・ライデン専用高機動型ゲルググから乗り換える形でジョニー・ライデンが搭乗する。

装備・機能[編集]

武装・必殺攻撃[編集]

ヒート・ホークシンボル
頭部に固定装備されているヒート・ホーク。最後の奥の手である。
高速破砕砲
右肩シールドに内蔵されている2連装マシンガン。シールド内には予備弾倉が4つ搭載されている。
3連ミサイルポッド
右腕部に装備されているミサイルポッド。ザク・デザートタイプに装備されていたラッツリバー3連装ミサイルポッドを改良した武装で装弾数が増加している。
胸部2連バルカン砲
胸部左側に内蔵されているドラムカートリッジ式の2連装の機関砲。
3連マシンガン
左腕部に装備されている3連装マシンガン。バナナマガジン式で撃ち終わると自動的にマガジンが分離される。
ビッグガン
両腰部に2基装備されている2連装ロケット弾ポッド。ザクキャノンのビッグ・ガンを改良した武装。

対決・名場面[編集]

フルアーマーガンダム

関連機体[編集]

ジョニー・ライデン専用高機動型ザクII
原型機。
サイコ・ザク
本機とはコンセプトが異なるが大量の武装を搭載している高機動型ザクII。
ゲルググ
プランAで実用化された機体。
パーフェクト・ザク
超高性能機を開発するプランCで考案されていた機体。このプランは廃案となった。

商品情報[編集]

リンク[編集]