2018年8月5日(日)のメンテナンスは完了しました。ご協力ありがとうございました。

リック・ドムII

提供: ガンダムWiki
移動先: 案内検索

MS-09R-2 リック・ドムII(Rick Dom II)[編集]

概要[編集]

リック・ドム統合整備計画によって再設計した機体。「II」は「ツヴァイ」と読む。ジェネレーターやスラスターを改良することで基本性能が向上している他、プロペラントタンクが増設されたことでリック・ドムの問題点であった行動時間が延長されている。一年戦争末期の機体であるため生産数は少なかったが、『0083』ではデラーズ・フリートの主力機の1つとしてまとまった数が運用されている。緑色の本機がコロニー内で登場していたこともあり地上でも運用可能と解釈されることがある。

登場作品と操縦者[編集]

機動戦士ガンダム0080 ポケットの中の戦争
宇宙では通常カラーの機体が、コロニー内では緑色の機体が登場している。
機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORY
宇宙での戦闘においてデラーズ・フリート所属機が多数登場する。特にカリウス・オットー機は単機でガンダム試作2号機を迎撃するジム改複数機を相手取るなど活躍し、デラーズ紛争終結まで残存している。
機動戦士ガンダム外伝 ミッシングリンク
本編後半、グラナダマルコシアス隊が受領し、ギー・ヘルムートの乗機となった。同時に受領した超大型ヒート剣で戦果を上げるものの、ア・バオア・クー攻防戦でペイルライダーの動きを封じた際に撃墜された。

装備・機能[編集]

武装・必殺攻撃[編集]

ロケット・バズーカ
360mmの大口径バズーカ。リック・ドムの主装備と同様ジャイアント・バズと称されることもあるが、フォアグリップが無い一方で防楯が追加され、照準器の形状も異なっている。
拡散ビーム砲
胸部に内蔵されているビーム砲。出力が上がったことにより信頼性が向上した。
ヒート・サーベル
バックパックに装備された加熱式の実体剣。リック・ドムと異なりランドセルの左側面に携行する。
シュツルムファウスト
命中率は悪いが威力の高い使い捨てのロケットランチャー。
MMP-80 90mmマシンガン
取り回しの良い射撃兵装。『0080』に登場したモデルは前期型で、『0083』に登場したモデルは後期型に分類される。
超大型ヒート剣(超大型ヒート・サーベル)
機体の全長を大きく上回る試作ヒート・サーベルで、ギーの機体が装備している。なお形状は異なるが、ドム・グロウスバイルにも同様の装備がある。

対決・名場面[編集]

関連機体[編集]

リック・ドム
原型機。
プロトタイプ・リック・ドムII
本機の試作型。外見がドム・トローペンに似通っている。

商品情報[編集]

リンク[編集]