2018年8月5日(日)のメンテナンスは完了しました。ご協力ありがとうございました。

ドム・グロウスバイル

提供: ガンダムWiki
移動先: 案内検索

MS-09F/Gb ドム・グロウスバイル(Dom Grosses Beil)[編集]

  • 登場作品:SDガンダム G GENERATIONシリーズ
  • 分類:宇宙用試作型モビルスーツ
  • 装甲材質:不明
  • 頭頂高:不明
  • 本体重量:不明
  • 全備重量:不明
  • 主動力:熱核融合炉
  • 出力:不明
  • 推力:不明
  • センサー有効半径:不明
  • 開発組織:ジオン公国軍
  • 所属:ジオン公国軍
  • 主なパイロット:不明

概要[編集]

『SDガンダム G GENERETION』シリーズに登場するゲームオリジナル機体。

ドム・フュンフをベースに格闘戦特化として開発された機体で、射撃兵装を一切装備しておらず、ドム・バインヒニツとの同時運用が想定されていた。設計段階で終戦を迎えたため実機は建造されていないが、本機の専用武装である超大型ヒート・ソードと同系統の試作品を装備しているリック・ドムIIが確認されている。

なお、機体名のグロウスバイルはドイツ語で「大ナタ」を意味する。

登場作品と操縦者[編集]

SDガンダム G GENERATIONシリーズ
『ギャザービート』で初登場。

装備・機能[編集]

武装・必殺攻撃[編集]

超大型ヒート・ソード
本機の主武装。本体に匹敵するほどの大型兵装。スラスターが内蔵されている加熱式の実体剣。
ヒート・ナイフ
取り回しの良い加熱式の実体剣。右肩のナイフホルダーに収容されている。

対決・名場面[編集]

関連機体[編集]

ドム・フュンフ
原型機。
ドム・バインニヒツ
同時運用が想定されていた。
リック・ドムII
ギー・ヘルムート機が形状の異なる超大型ヒート剣を装備している。

商品情報[編集]

リンク[編集]