ゲルググ[シュトゥッツァー]

提供: ガンダムWiki
Jump to navigation Jump to search
ゲルググ[シュトゥッツァー]
外国語表記 Gelgoog [Stutzer]
登場作品 ADVANCE OF Ζ ティターンズの旗のもとに
デザイナー 藤岡建機
テンプレートを表示
スペック
分類 カスタムモビルスーツ
型式番号 MS-14
頭頂高 19.2m
主動力 熱核融合炉
装甲材質 超硬スチール合金
開発組織 ジオン残党軍
所属 ジオン残党軍
主なパイロット カザック・ラーソン
テンプレートを表示

概要[編集]

ジオン残党軍のモビルスーツ。旧式化した機体を改修した「シュトゥッツァー」シリーズの1機である。

本機はゲルググMをベースとした機体で、推力の増強に主眼を置いた強化が施されている。両肩部はスラスターが内蔵されている大型の物に換装されており、バックパックは独自に建造した物を装備している。胸部には増加装甲が追加されている。背部には「シュトゥッツァー」共通の武装ウインチ・ユニットを装備しており、頭部にはワイヤーカッターを装備している。これらの改修により推力が大幅に強化され、推進剤の搭載量も増えたため行動時間の延長にもなっている。

この機体以外にもゲルググキャノンゲルググJをベースとしたバリエーションもある。

登場作品と操縦者[編集]

ADVANCE OF Ζ ティターンズの旗のもとに
パイロットはカザック・ラーソンT3部隊と交戦しガンダムTR-1[ヘイズル]を大破させたが、プロトタイプアッシマーTR-3[キハール]に撃破された。

装備・機能[編集]

武装・必殺攻撃[編集]

MRB-110 ビーム・ライフル
大型のビーム・ライフル。シーマ専用ゲルググMが装備しているライフルと同じ物。
110mm速射砲
両腕部に内蔵されているマシンガン。
ビーム・サーベル
両腰部に計2基収納されている。
ウインチ・ユニット
背部上部に2基装備されているワイヤー兵器。ワイヤートラップ用の武装で、ゲリラ戦法の要と言える武装。
ワイヤー・カッター
頭部に装備されているカッター。その名の通りワイヤーを切るための物であり、ウインチ・ユニットが頭部に絡まらないように装備されている。
シールド
通常のゲルググ用シールドより大型のシールド。これもシーマ専用ゲルググMと同じ物。

対決・名場面[編集]

関連機体[編集]

ゲルググM
原型機。
ザクII[シュトゥッツァー]リック・ドム[シュトゥッツァー]リック・ディアス[シュトゥッツァー]
同じシュトゥッツァーシリーズに属する機体群。

商品情報[編集]

リンク[編集]