ガンダム試作1号機フルバーニアン

提供: ガンダムWiki
Jump to navigation Jump to search
ガンダム試作1号機フルバーニアン
外国語表記 Gundam GP01 Full Burnean
登場作品
デザイナー 河森正治
テンプレートを表示
スペック
コードネーム ゼフィランサス・フルバーニアン
分類 宇宙用試作型モビルスーツ
型式番号 RX-78GP01Fb
頭頂高 18.5m
本体重量 43.2t
全備重量 74.0t
主動力 熱核融合炉
ジェネレーター出力 2,045kw
スラスター総推力 234,000kg
装甲材質 ルナ・チタニウム合金
原型機 ガンダム試作1号機ゼフィランサス
改修 アナハイム・エレクトロニクス社
所属組織 地球連邦軍
所属部隊 アルビオン隊
母艦 アルビオン
主なパイロット コウ・ウラキ
テンプレートを表示

概要[編集]

シーマ艦隊との戦闘で大破したガンダム試作1号機を、フォン・ブラウン郊外のアナハイム社リバモア工場で改修を施した機体。試作1号機は本来コア・ファイターの換装によって宇宙/地上それぞれの環境に適応する事をコンセプトとしていたが、機体の破損状況や以降の作戦展開を踏まえた上で完全な宇宙戦用MSに改修された[1]

改修にあたって既にロールアウトしていた1号機用の宇宙戦用装備が流用され、同時にこれまでの実働データもフィードバックされている。

最大の特徴は機体各部に搭載されたバーニアスラスター。特にバックパックに装着されたユニバーサル・ブースト・ポッドは改修に伴って固定式から可動式へと改められ、高推力を各方向に自在に振り分ける事が可能となった。これら推進器群を連動させる事でモビルアーマー並の運動性を実現しているが、機体の高機動化に伴いパイロットにかかるGも増大している。

改修時の追加装備は試作1号機の当初の設計案に組み込まれていたものの、ここまで大規模な改修は想定されておらず[2]、アナハイム側も峻別する目的で便宜上機体ナンバーを「GP-01fb」に更新している。

登場作品と操縦者[編集]

機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORY
初登場作品。第6話から登場し、コウと共にガトーケリィなどのエースパイロットと激闘を演じた。
機動戦士ガンダム0083 REBELLION
機動武闘伝Gガンダム
第48話からガンダム連合のガンダム達に紛れてカメオ出演している。

装備・機能[編集]

特殊機能[編集]

コアブロックシステム
コアファイターII-Fbがボディユニットと合体し、コックピット兼脱出ユニット及びバックパックとして機能する。
第7話ではこの機構を活用し、ヴァル・ヴァロに機体をクローで挟まれた際にAパーツ(機体上半身)を強制分離し拘束から脱出。そのままヴァル・ヴァロの撃破に成功している。
ユニバーサル・ブースト・ポッド
プロペラントタンクと一体化したバーニアユニットを、ヒンジとターレットで自在に変位させる補助推進装備。当初の設計案で既に盛り込まれていた装備だが、改修に伴い可動式に改められた。

武装・必殺攻撃[編集]

60mmバルカン砲
頭部に左右一対2門内蔵。改修前の試作1号機からの変更点は無し。主に牽制や迎撃に用いられるが、至近距離であれば敵機に致命的なダメージを与える事も可能とされる。劇中では試作2号機との間合いを取る為に使った。
ビーム・サーベル
バックパック上部に2基装備。コア・ファイター時のビーム・ガンと兼用装備になっている。改修に伴い接続部のレイアウトが変更されており、基部にスライドレールが追加された。劇中ではガトーが乗るガンダム試作2号機とのビーム・サーベルでの対決が印象的。
ビーム・ガン
バックパックにマウントしたビーム・サーベルはビーム砲として使用可能。主にコア・ファイター時に使用される。フルバーニアンへの換装に伴い、ジェネレーターの高出力化やユニットの更新によって火力が向上した。
ビーム・ライフル
改修前の試作1号機と同じビーム・ライフル。型式番号BOWA・XBR-M-82H[3]
ビーム・ジュッテ
銃身部に備えられた緊急防御用の小型ビーム・サーベル。敵の近接攻撃を受け止める際に使用する物で劇中ではドラッツェのビームサーベルを受け止めている。
試作ビーム・ライフル(ロングライフル/ロング・ビーム・ライフル/ロングレンジ・ビーム・ライフル)
形式番号「A.E.Blash XBR-L-83d」。機体に内蔵されたコンデンサーからチャージを行う方式の高出力ビーム・ライフル。CDシネマ『ルンガ沖砲撃戦』で使用し、チベ級を大破させた。他の新型機用に開発された装備であるため命中精度は低く、テスト中の調整は困難を極めた。その後、アルビオンの主砲のスタビライザーを使用する事で一応の安定性を得ている。
上記の武器名の通り、媒体によって名称にバラつきがある。
シールド
対ビームコーティングが施されたシールド。改修前の試作1号機の物からの変更点は無い。

対決・名場面[編集]

機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORY [編集]

ヴァル・ヴァロ
ガンダム試作2号機
第10話より。搭乗するガトーとのビーム・サーベルでの対決が大きな見物であろう。ガンダムシリーズの中でも緊迫感ある白兵戦を描ききった名勝負。

関連機体[編集]

ガンダム試作1号機 (ゼフィランサス)
本機の汎用装備。コア・ファイターの換装とOSの書き換えを行えば、この形態でも空間戦闘は可能。
ガンダム試作1号機 (ティターンズ仕様)
アーケードゲーム『ガンダムトライエイジ』に登場するゲームオリジナル機体。「ガンダム開発計画が継続され、ティターンズで試作1号機が運用されたら?」というIF設定を持ち、ガンダムMk-IIと同様、ティターンズカラーに塗装されているのが特徴。ただ、正史でジョン・コーウェン失脚のために同計画を頓挫させたティターンズが果たしてこの機体を運用するかは疑問の余地がある[4]
重装フルアーマー・バーニアン
漫画『REBELLION』に登場する換装形態。重装フルアーマーガンダム7号機と同様の装備が施されている。
ガンダム試作0号機/ガンダム試作2号機/ガンダム試作3号機 (ステイメンデンドロビウム)
その他のGPシリーズ。
ガンダム試作4号機
本来であればGPシリーズ4番機として開発される予定であった機体。本機と機体コンセプトが重複していた事から開発は棚上げされた。
ジム・カスタム高機動型
本機のバックパックの評価試験機。

商品情報[編集]

ガンプラ[編集]

フィギュア [編集]

書籍[編集]

資料リンク [編集]

リンク[編集]

脚注[編集]

  1. 本来の宇宙戦仕様はユニバーサル・ブースト・ポッドを採用したコア・ファイターへの換装・ショルダー・バーニア・ポッドの装着、脚部推進ユニット及びプロペラントタンクの増設のみで済ませる予定であった。
  2. 特にコア・ファイターはコクピットブロック以外はほぼ新造に近い改修を受けている。
  3. 重力下仕様はBOWA・XBR-M-82-05H、宇宙用をBOWA・XBR-M-82-06Aとする資料もある。
  4. あくまでカードテキスト内におけるAE社社員の想像であることを注記しておく