ゲルググ・ウェルテクス

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
ゲルググ・ウェルテクス
外国語表記 GELGOOG VERTEX
登場作品 機動戦士ガンダム MSV-R ジョニー・ライデンの帰還
デザイナー 大河原邦男
テンプレートを表示
スペック
分類 キマイラ隊専用モビルスーツ
型式番号
  • MS-14J Plus(プロトタイプ)
  • MS-14J/BR(完成機)
頭頂高
  • 21.0m(プロトタイプ)
  • 19.2m(完成機)
  • 本体重量
  • 43.7t(プロトタイプ)
  • 45.7t(完成機)
  • 全備重量 70.7t~71.7t
    主動力 熱核融合炉
    装甲材質
    センサー有効半径
  • 7,300m(プロトタイプ)
  • 8,800m(完成機)
  • 開発組織 アナハイム・エレクトロニクス社第二研究事業部
    所属部隊 キマイラ隊
    主なパイロット クリストバル・ラザフォード
    テンプレートを表示

    概要[編集]

    アナハイム・エレクトロニクス社フークバルト・サマターの依頼により、リミア・グリンウッドと姉のアマリアが基礎設計を行ったキマイラ隊専用モビルスーツ。実設計と開発業務はリック・ディアスを手掛けた第二研究事業部が担当。

    コンペイトウでの戦闘でレッド・ウェイラインシャア・アズナブルディジェに敗北を喫したデータを検証し、シャアとの再戦を視野に入れて開発が進められている。

    開発期間の短縮や完成後のカスタマイズを視野に入れ、検証作業の完了している信頼性の高い機体を最低限の変更箇所で専門性を高める所謂「MSVの手法」に準じて開発されている。開発段階でアナハイムの基礎設計システムも7種類の設計案を提案しているが、どれも40%近い新規部位が含まれており、検証テストだけでも半年もの時間が必要となってしまう為、それを解消する為にフークバルトからネオ・ジオンのMSデータ[1]も提供されている[2]

    ウェルテクスはリゲルグの基礎設計をベースに、アナハイムが非公式に改修・生産しキマイラへ貸与していた高機動型ゲルググR型の先進改修機を更にブラッシュアップした物となっている。また、構造をフレームから見直した結果、装甲材はガンダリウム合金に変更されている。

    リゲルグのウイング・バインダーをバックパックに移設した機体構成を採用しており、バインダーは腕部と独立して可動する為、より自由度の高い機動変更と運動性能を与えている。

    登場作品と操縦者[編集]

    機動戦士ガンダム MSV-R ジョニー・ライデンの帰還
    第100話より登場。シャアに敗北し、更にその交戦データから構築されたシミュレーションでもディジェに撃墜されたキマイラ隊の新たな機体として第92話より開発がスタートした。

    装備・機能[編集]

    特殊機能[編集]

    アクティブ・バインダー
    リゲルグのウイング・バインダーをバックパックに移設している。バインダーは駆動アームによって接続されており、フレキシブルに可動して急制動や旋回などに活用される。
    シミュレーションモデルでは推力ノズルが片側二基であったが、完成機では片側三基に変更されている。
    一説にはガンダム試作1号機フルバーニアンのデータが流用されていると言われているが、定かではない。

    武装・必殺攻撃[編集]

    メガ・ガトリングガン
    四銃身型のビーム・ガトリングガン。集弾性が高く、ジェネレーターの負担も抑えられている。シミュレーションテスト時にシミュレーションモデルが装備。
    ビーム・ナギナタ
    ゲルググ系MSの使用する両刃型ビーム・サーベル。非使用時には腰部にマウントされる。
    ミサイル・ポッド
    バックパックに搭載されているミサイルポッド。小型ミサイルを8発発射可能。
    シールド
    ウイング・バインダーが背部に移設された事で腕部にシールドを装備可能になった。形状はゲルググと同型。

    対決・名場面[編集]

    関連機体[編集]

    ゲルググ/リゲルグ
    ベース機。型式番号から特にリゲルグの直系である事が伺える。
    ゲルググ・ウェルテクス・テスタロッサ
    ウェルテクスのジョニー・ライデン専用機。
    ゲルググ・ウェルテクス・キュアノス
    ウェルテクスのユーマ・ライトニング専用機。
    ゲルググ・ウェルテクス・クサントス
    ウェルテクスのジャコビアス・ノード専用機。
    シャア専用ディジェ
    仮想敵機。特にサイコミュ起動時のスペックとの戦闘を想定されている。

    リンク[編集]

    脚注[編集]

    1. ハマーン・カーンが連邦に勝利する事を見越してアナハイムと取り引きした際に提供した物
    2. それでも開発は熾烈を極めたらしく、シミュレーションモデルが完成した段階で開発オフィスは死屍累々の状態に陥っていた。