ガブスレイ[フギン]

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
ガブスレイ[フギン]
外国語表記 Gabthley [Higin]
登場作品 ADVANCE OF Ζ 刻に抗いし者
デザイナー 片貝文洋
テンプレートを表示
スペック
分類 試作型可変モビルスーツ
型式番号 RX-110C
主動力 熱核融合炉
装甲材質 ガンダリウム合金
開発組織 ティターンズ
所属 ティターンズ
主なパイロット アーネスト・マクガイア
テンプレートを表示

概要[編集]

ティターンズコンペイトウ工廠がガブスレイアーネスト・マクガイア専用にカスタマイズした機体。

ロスヴァイセガブスレイ[ムニン]とツーマンセルで運用する事を前提に調整されており、シャーマン・フレームのデータ収集を行うテストベッドも兼ねている。「フギン」のコードネームは北欧神話に登場する「思考」を司るワタリガラスに由来する。

フギンは指揮官機として頭部センサーと通信機器が強化されおり、モビルアーマー形態時の機首にはミノフスキー粒子探知機が装備された。

通常のガブスレイとの差異は頭部と背面のみであり、武装類などはベース機と共通だが、カラーリングは濃紺を基調としたティターンズカラーに変更され、アクセントとして機体各部に赤いラインが配されている。

登場作品と操縦者[編集]

ADVANCE OF Ζ 刻に抗いし者

装備・機能[編集]

特殊機能[編集]

変形
モビルアーマー形態への変形が可能。また、脚部のみを変形させた中間形態も存在する。
シャーマン・フレーム
電子義肢や強化外骨格といった旧世紀由来の技術を発展させた準サイコミュシステム
感応波はパイロットの危機感知や意思表示に用いられ、それを感知したコンピュータが日常的に収集したパイロットの身体データと教育型コンピュータの行動予測データを照らし合わせ、機体動作をサポートする。

武装・必殺攻撃[編集]

フェダーイン・ライフル
長距離射撃用の高出力ビーム・ライフル。後部エミッターからはビーム刃を発信させ、接近戦にも対応が可能。
ビーム・サーベル
両腕部に2基ずつ計4基装備されている近接武装。
メガ粒子砲
両肩に装備されているメガ粒子砲。砲身基部が可動するため広い射角を有する。
拡散ビーム砲
腰部フロントアーマー左右に1門ずつ計2門内蔵されているビーム砲。威力は低く目くらまし目的で使用される。
脚部クロー・アーム
脚部フレームを変形させることでクローとして機能する。

対決・名場面[編集]

関連機体[編集]

ガブスレイ
原型機。頭部とMA形態時の機首が変更されている。
ガブスレイ[ムニン]
フギンとの連携運用を想定した機体。強化人間専用機として調整が行われている。
ガンダム[スコル]
本機の実働データが秘密裏にフィードバックされている。

リンク[編集]