2020年2月5日(水)および2月19日(水)10:00~13:00に、上位プロバイダによるメンテナンスのため、wikiサービスの停止が発生します。ご利用のみなさまには大変ご不便をおかけしますが、ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。

アクト・ザク (キシリア部隊機)

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
アクト・ザク (キシリア部隊機)
外国語表記 Act Zack (Kycilia's Forces)
登場作品
デザイナー カトキハジメ(MSD)
テンプレートを表示
スペック
分類 試作型モビルスーツ
型式番号 YMS-11
頭頂高 18.2m
主動力 熱核融合炉
装甲材質 超硬スチール合金
開発組織 ジオン公国軍
所属 ジオン公国軍
所属組織 ジオン公国軍
所属部隊 キシリア部隊
主なパイロット キシリア部隊兵士
テンプレートを表示

概要[編集]

キシリア部隊で配備されていたアクト・ザクのテストタイプだと思われる機体。

一年戦争末期に実際に配備されたとされているアクト・ザクであり、完成した頭部にクレストを追加しており、カラーリングもパーソナルカラーであるアッシュ・パープルに塗装されている。

ザク系MSとしては初のフィールド・モーター搭載機だったが、新型スラスターや核融合炉の開発が遅れた結果、代用品としてザクII (THE ORIGIN版)の装備やパーツを流用しており、本来のアクト・ザクよりも性能が下がった可能性がある。

登場作品と搭乗者[編集]

MSD
出典元。制式番号は戦後になってから付けられたものであるとされ、本来の物は不明だとされている。
機動戦士ガンダム THE ORIGIN MSD ククルス・ドアンの島
ア・バオア・クー攻略戦時に発生したジオン軍の内乱において2機投入され、ギレン派のザクII部隊と交戦した。

装備・機能[編集]

武装・必殺技[編集]

4連装マシンガン
本機用として新規開発された多銃身のマシンガン。
大型ヒート・ホーク
本機専用のヒート兵器。刀身を更に高熱化させるためにジェネレーターを載せた結果、大型化した。
ヒート・ホーク
ザクII用の格闘戦闘用兵器。
ベルト給弾式MS用マシンガン
ランドセル下部に装着したマガジンからベルトマガジンで給弾されるマシンガン。『ククルス・ドアンの島』に登場した機体が装備していた。

対決・名場面[編集]

関連機体[編集]

アクト・ザク(MSD版)
本来の完成機。
ザクII (THE ORIGIN版)
一部装備を流用している。

商品情報[編集]

ガンプラ[編集]

リンク[編集]