ペズン・ドワッジ

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
ペズン・ドワッジ
外国語表記 Pezun Dowadge
登場作品
デザイナー 大河原邦男
テンプレートを表示
スペック
分類 量産型モビルスーツ
型式番号 MS-10
全高 18.9m
全備重量 61.4t
主動力 熱核融合炉
開発組織 ジオン公国軍
所属 ジオン公国軍
主なパイロット
テンプレートを表示

概要[編集]

ペズン計画によって開発されたドム系列の機体。リック・ドムの問題点だった稼働時間の問題を解決するために再設計されている。

本機は局地戦用モビルスーツとして開発されており、対MS戦闘も意識した突撃型モビルスーツとも言われる。頭部の形は三角形になりモノアイスリットは逆T時型となっている。格闘戦を重視した機体であるため前腕部に3連スパイクが装備されスラスターの数も増設されている。また、地上でもホバー移動が可能とする資料もあるが、後述するドワッジと混同された可能性もある。『アグレッサー』に登場したダイアン・ノイス機は改装することにより地上でも宇宙でも運用されていた。

なお、本来の名称は「ドワッジ」だったが『機動戦士ガンダムΖΖ』に登場する機体にドワッジという機体が登場したため区別するために、本機は「ペズン・ドワッジ」と呼ばれることになった。

登場作品と操縦者[編集]

MS-X
出典元。上述したようにこの時は「ドワッジ」表記で、カラーバリエーションは赤と黒のツートン、白と黒のツートンの2種類(後に紫を主体としたカラーリングが追加[1])。
機動戦士ガンダム 最期の赤い彗星
一年戦争終結直後にアクシズに渡航しようとしていたシャアを単機で襲撃した。この機体は無人機でありニュータイプによって遠隔操作が可能となっていた。
機動戦士ガンダム カタナ
シン・フェデラルによって運用されている。腕部がゾゴックのロッド・アームに換装されており、ビーム・バズーカを携行している。
機動戦士VS伝説巨神 逆襲のギガンティス
木星圏のネオ・ジオンによって運用されている。
機動戦士ガンダム アグレッサー
万乗大智氏によるアレンジ版が登場。機体形状から見るにGUNDAM FIX FIGURATION版デザインがイメージソースと思われる。顔面から頭頂部まで伸びているブレードアンテナが印象的。パイロットはダイアン・ノイスで、地上ではドム・トローペンに近いカラーリング、宇宙ではリック・ドム系のカラーリングの機体に搭乗する。

装備・機能[編集]

武装・必殺攻撃[編集]

ジャイアント・バズ
大口径の実弾兵器。360mmの実体弾を発射する。改良されており、センサーが増設されている。
元々『MS-X』でアクト・ザク用に考案されていた武装[2]でグリップ形状がザク・マシンガンに類似している。現在では本機の武装として定着しており、一部ゲーム作品などで使用している。
ヒート・サーベル
加熱式の実体剣。
8連装420mmロケット砲
両手で保持して使用する、ミサイルランチャーとロケット砲が一体化した装備。
ビーム・キャノン
2機で使用するビーム兵装。本機のジェネレーター出力では不足しているため2機がかりで使用する。文字設定のみ。
ビーム・バズーカ
『カタナ』やゲーム作品に登場する本機が装備しているリック・ドム用のビーム砲。
ビーム・ガン
一部の資料で左胸部に内蔵しているとあるビーム砲。ゲーム作品では装備していたりする。
ダブル・トマホーク
『アグレッサー』に登場するダイアン・ノイス機が装備している加熱式の実体斧。刃が2つ付いているのが特徴。

対決・名場面[編集]

関連機体[編集]

ドム
本機はこの機体の系列機である。
リック・ドム
設計のベース機。
リック・ドムII
同コンセプトの機体。
ドワッジ
ドムの最終量産型として開発された方のドワッジ。

商品情報[編集]

フィギュア[編集]

※パーツ組み換えでシャア専用リックドムに変更可能

リンク[編集]

脚注[編集]

  1. 書籍『ENTERTAINMENT BIBLE .1 機動戦士ガンダム MS大図鑑【PART.1 一年戦争編】』
  2. 「機動戦士ガンダム THE ORIGIN メカニカルアーカイブス」アクト・ザクの項より