ゾゴック

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

MSM-08 ゾゴック (Zogok)[編集]

ジオン公国軍が開発した試作型モビルスーツズゴックの発展機であり、格闘戦を重視した機体となっている。
ジャブロー攻略を目的として造られたアッグシリーズMSとの連携運用を前提としており、本機は前衛を担当する。その為か、本機もアッグシリーズの一つとして数えられる事が多い。
本機も他の水陸両用機の多くと同じく頭部が無く、胸部に大型のモノアイを内蔵している。その可動範囲は広く、またモノアイカバーはかなり高い耐久性を持つ。頭部の他の機能も胸部に集中的に配置されている。
バックパックは陸戦に適した仕様に設計されているが、これは本機の開発目的上、陸戦を重視する必要がある為とされる。
ズゴック譲りの高い格闘性能は目を見張るものがあるが、最大の特徴はやはり装備されている武器である。他の水陸両用機の多くがメガ粒子砲等の火器を搭載しているのに対し、本機はアーム・パンチやブーメラン・カッター、ワイド・カッターと言った特異な武器ばかりを搭載しているが、これは厳重な警備が敷かれているジャブローへの潜入という特務を遂行する際、敵に発見される可能性を可能な限り下げる為の措置とされる。

登場作品と操縦者[編集]

MSV
ジャブロー攻略戦に投入されるはずだったが、確認されていない。
機動戦士ガンダムΖΖ
スタンパ・ハロイが保有していたが、登場直後にビーチャ・オーレグΖガンダムに蹴りつけられてしまう。
機動戦士Ζガンダム デイアフタートゥモロー ―カイ・シデンのレポートより―
ジオン公国軍が複数機所有しており、カイ・シデンゲーツ・キャパローレン・ナカモトらがいた艦を襲撃したが、ゲーツのアッシマーによって撃墜された。

装備・機能[編集]

武装・必殺攻撃[編集]

ブーメラン・カッター
本機の代表的な武装で、胸部の左右に5基ずつ、計10基を装備。内蔵されたアームで敵機に向かって打ち出される仕組みであり、ガンダリウム合金製の装甲に対してもダメージを与えられる程の威力を持つ。
ワイド・カッター
腹部に内蔵されている。ブーメラン・カッターを大型化したものと思われる。
アーム・パンチ
両前腕部をそのまま打突武器としたもの。マニピュレーターは殴るのに最適な形状に設計されているが、通常のマニピュレーターのように武器を持つ事も可能。アーム・ユニットは伸縮自在であり、一部資料では20m以上伸びるとされる。

対決・名場面[編集]

関連機体[編集]

ゾゴック (残党軍機)
機動戦士ガンダムUC」で登場。一部の仕様が変更されている。
アッグ
ジュアッグ
アッグガイ
アッグシリーズのMS群。
ズゴック

商品情報[編集]

話題まとめ[編集]

資料リンク[編集]

リンク[編集]