デザート・ゲルググ

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
デザート・ゲルググ
外国語表記 Desert Gelgoog
登場作品
テンプレートを表示
スペック
分類 陸戦用モビルスーツ
型式番号 MS-14D
頭頂高 19.8m
本体重量 43.7t
主動力 熱核融合炉
装甲材質 超硬スチール合金
開発組織 ジオン公国軍
所属 ジオン残党軍
主なパイロット ジオン残党軍兵
テンプレートを表示

概要[編集]

一年戦争末期にゲルググをベースに開発したジオン公国軍の局地戦用モビルスーツ。資料によっては「ディザート・ゲルググ」と表記される場合もある。

砂関節部のシーリングに加え、冷却機構や脚部スラスターの改良など地上、特に砂漠地帯での運用に適した改修が施されている。また、砂漠では砂中に潜航して行動する事も考慮されており、バックパックには潜航用スコープが追加されており、ゲリラ戦や隠密行動を得意とする。

一年戦争では極少数機がアフリカ戦線で運用されたが、その実働数は極めて少なかったとされている。

登場作品と操縦者[編集]

ΖΖ-MSV
出典元。元々は『機動戦士ガンダムΖΖ』の本編デザインの一つとして提出された没案であった。
機動戦士ガンダムUC (OVA版)
Ep.4にトリントン基地攻撃部隊の一機として登場。空中戦を想定してバックパック両端にロケット・ブースターを装備。ガルスJと共にバイアラン・カスタムに対して空中戦を挑むも、ビーム・サーベルで両脚を切断された後、メガ粒子砲の集中攻撃を受け撃墜された。

装備・機能[編集]

武装・必殺攻撃[編集]

ビーム・ライフル
量産機としてはジオン初の携行ビーム兵器。高性能センサーにより高い照準値を誇る。ベース機となったゲルググの物と同一装備。
ビーム・ナギナタ
柄の両端からS字にビーム刃が発生する。ただし取り回しに難がある為、パイロットによってはビーム刃を片側のみ発生させて使用する場合もある。
アームド・バスター
左腕部に装着されている実体弾を発射する折りたたみ式のキャノン砲。

対決・名場面[編集]

関連機体[編集]

ゲルググ
原型機。
ゲルググG
デザート・ゲルググとは同じく砂漠戦用に開発されたゲルググのバリエーション機。

リンク[編集]