デザート・ゲルググ

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

MS-14D デザート・ゲルググ(Desert Gelgoog)[編集]

概要[編集]

ゲルググをベースに砂漠・熱帯地方用に改修した機体。関節部にシーリングが施され、脚部スラスターが改良されている。バックパックには砂漠潜行用のスコープが追加され、余剰となる両腕のサブジェネレーターは撤去されている。冷却機構も強化されており、動力パイプが露出している。

『UC』に登場した機体はバックパックをロケット・ブースターに換装している。

登場作品と操縦者[編集]

ΖΖ-MSV
出典元。
機動戦士ガンダムUC (OVA版)
Ep.4に登場。ガルスKと共にバイアラン・カスタムを迎え撃とうとするものの、相手の得意とする空中戦に持ち込んでしまったがために両脚を切断され、メガ粒子砲の集中攻撃を受け撃墜された。

装備・機能[編集]

武装・必殺攻撃[編集]

ビーム・ライフル
量産機としてはジオン初の携行ビーム兵器。高性能センサーにより高い照準値を誇る。
ビーム・ナギナタ
柄の両端からS字にビーム刃が発生する。ただし取り回しに難があり、振り回すと自身を斬ってしまいかねないので、ビーム刃を片側のみ発生させて使用するパイロットもいる。
アームド・バスター
左腕部に装着される。実体弾を発射する折りたたみ式のキャノン砲。

対決・名場面[編集]

関連機体[編集]

ゲルググ
原型機。
ゲルググG
この機体も砂漠用の機体。

商品情報[編集]

リンク[編集]