ゲルググG

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
ゲルググG
外国語表記 Gelgoog G
登場作品 MSV-R
デザイナー 大河原邦男
テンプレートを表示
スペック
分類 地上用量産型モビルスーツ
型式番号 MS-14GD
主動力 熱核融合炉
装甲材質 超硬スチール合金
開発組織 ジオン公国軍
開発拠点 キャリフォルニアベース
所属 ジオン公国軍
主なパイロット ジオン兵
テンプレートを表示

概要[編集 | ソースを編集]

MS-14G 陸戦型ゲルググを砂漠仕様に改修した機体。

地上用のゲルググの開発地であるキャリフォルニアベースの生産性や部品供給能力が低下してしまったため、設計が一部変更されており、脚部スラスターが除去されてホバー移動機能が失われている。その代わりに軽量化されたため機動性は向上している。バックパックはザク・デザートタイプと同型の物を装備している。頭部の両側面にはアンテナが増設されており、動力パイプが追加されている。ジオン軍がキャリフォルニアベースから撤退することになったため、本機は8機の生産にとどまっている。

ちなみに機体名称から紛らわしいが、形式番号からもわかる通り、本機はG型ではない。

登場作品と操縦者[編集 | ソースを編集]

MSV-R
出典元。「月刊ガンダムエース」2013年3月号掲載のVol.47にて解説された。同コーナーの挿絵は「終戦後に発見された、MS-14GDを捉えた貴重な画像」という体裁で、「049」の機番が描かれた本機、ザク・ハーフキャノンマゼラアタックの混成部隊が描かれている。押収した記録に本機らしき機体は確認されているものの実機は部品すら回収されておらず、ジオン軍のいずれのMS生産拠点においても製造記録は未発見となっており、FSSも本機について、MS-14シリーズが大戦末期に生産を開始した最終モデルであるが故の記録上の不備、あるいは現地改修機か試作機の類と推測せざるを得ない状態となっている。

装備・機能[編集 | ソースを編集]

武装・必殺攻撃[編集 | ソースを編集]

専用ビーム・ライフル
本機専用のライフル。砂漠で使用するため銃身に冷却システムが追加されており、銃身とストックが切り詰められている。
ジャイアント・バズ
大口径のバズーカ。ドムの主兵装。
専用シールド
本機専用の小型のシールド。ゲルググのシールドの上半分を切り取った形状をしている。機動力が向上したためその機動力を落とさないために用意された。

対決・名場面[編集 | ソースを編集]

関連機体[編集 | ソースを編集]

陸戦型ゲルググ
原型機。
ザク・デザートタイプ
同型のランドセルを装備している。
デザート・ゲルググ
こちらは通常のゲルググをベースに砂漠仕様として開発された機体。

余談[編集 | ソースを編集]

  • 初出であるガンダムエースにおける解説文では「一か月程で高機動ランドセルを装備したMS-14G、MS-14Gの砂漠仕様が完成」と記載されているが、単行本「MSV-R ジオン編」においては後者が「MS-14GDの砂漠仕様」と誤記されている。「週刊 ガンダム・モビルスーツ・バイブル 76号」のゲルググ特集記事においてはこの単行本を基に監修を行ったためか、本機がGD型を砂漠仕様に改修した機体として紹介されてしまっている。

商品情報[編集 | ソースを編集]

リンク[編集 | ソースを編集]