2020年2月5日(水)および2月19日(水)10:00~13:00に、上位プロバイダによるメンテナンスのため、wikiサービスの停止が発生します。ご利用のみなさまには大変ご不便をおかけしますが、ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。

スペルビア ジンクス

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

GNX-612T/AA スペルビア ジンクス(Superbia GN-X)[編集]

地球連邦軍が開発した擬似太陽炉搭載型モビルスーツ
ジンクスIIIをベースに海中からの強襲揚陸機として造られた。
イノベイドの持つ革新的技術が多数盛り込まれており、頭部センサーはレグナントと同型の物を搭載している。ただし、フレーム内にかなり強引に収めたため、若干の隙間がある。
また、強襲揚陸ユニットと呼ばれる追加装備を装着できるようになっており、水中での機動性を高める事が可能。ちなみにこのユニットに搭載されているセンサーはトリロバイトのセンサー素子の改良型が採用されている。

前述のようにイノベイドの技術を使っている事から、ジンクスIVに近い機体となっている。
名称の「スペルビア」はラテン語で「誇りある」を意味しており、英語の「Super」の意味も含んでいる。
型式番号の「AA」は「Amphibious assault(強襲揚陸)」の意。

本機は所属こそ連邦正規軍となっているが、開発中に正規軍がアロウズの指揮下に入った事から、実質的にアロウズ所属機として運用されており、パイロットもアロウズ所属兵かライセンサーが殆どであった。

登場作品と操縦者[編集]

機動戦士ガンダム00V
パイロットはヒリング・ケア
無人島にあるソレスタルビーイングの基地を攻撃する際に搭乗した。

装備・機能[編集]

特殊機能[編集]

分離
強襲揚陸ユニットを分離する。
換装
強襲揚陸ユニットを装着可能。

武装・必殺攻撃[編集]

GNバルカン
腹部に2門内蔵。唯一の固定兵装となっている。通常のバルカンより大口径となっており、高出力のビームを発射可能。
GNクナイ
両腕部に2基装備。小型のGNソードをベースに、GNバルカンと小型ビームサーベルであるGNビームニードルを組み合わせた複合兵装となっている。
GNミサイル
強襲揚陸ユニットに2基装備している。
GNビームガン
強襲揚陸ユニットに4門内蔵。

対決・名場面[編集]

関連機体[編集]

ジンクスIII (地球連邦型)
原型機。
ジンクスIII (アロウズ型)
ジンクスIII (コロニー公社型)
ジンクスIV (一般機)
スペルビア ジンクスをベースとした次世代機。
ジンクスIV (指揮官機)
ジンクスIV コアファイター搭載型
スローネ ヴァラヌス
ジンクス
アドヴァンスドジンクス
アドヴァンスドジンクス (デボラ機)
ジンクスII
ジンクスIIソード
ジンクスIIキャノン
レグナント
トリロバイト

商品情報[編集]

話題まとめ[編集]

資料リンク[編集]

リンク[編集]