トリロバイト

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
トリロバイト
外国語表記 Trilobite
登場作品 機動戦士ガンダム00 2nd Season
デザイン 福地仁
テンプレートを表示
スペック
分類 擬似太陽炉搭載型水中用モビルアーマー
型式番号 GNMA-04B11
全長 62.2m
全高 6.1m
全幅 20.5m
主動力 GNドライヴ[Τ]×3
装甲材質 Eカーボン
開発組織 地球連邦軍
開発拠点 ユニオン工廠
所属 アロウズ
乗員人数 2名
主なパイロット アロウズ兵
テンプレートを表示

概要[編集]

アロウズ擬似太陽炉搭載型モビルアーマー

水中専用機で旧ユニオン系の技術者が開発しており、センサーはフラッグと同型の物を使用している。擬似太陽炉を3基搭載した事により水中での機動性が高い。他にも、アームを前部に2本、後部に4本装備している。コクピットは複座式。名前の由来は「三葉虫」から。

開発の際にとある女性から多額の寄付があったとの事だが、劇中での描写からこの女性がスポンサーである可能性が高い。

登場作品と操縦者[編集]

機動戦士ガンダム00 2nd Season
第4話で登場。アザディスタン王国へと進路を向けたプトレマイオス2を待ち伏せ、窮地に陥れた。…が、スメラギ・李・ノリエガの指揮によって形勢は逆転され、最後はダブルオーガンダムによってあっという間に切り刻まれてしまった。その後も6機が投入されたが、何の戦果も挙げられず、むしろプトレマイオス2の大気圏突破を助長してしまう結果となってしまった。

装備・機能[編集]

特殊機能[編集]

変形
巡航形態から戦闘形態へと変形可能。
ケミカルジェリーボム
中に粘着性の物質が入っている特殊な機雷。着弾すると硬化し、敵機の動きを阻害する。

武装・必殺攻撃[編集]

クローアーム
機体前部に2基装備。
リニアスピア
クローアームに内蔵されている武装。
アンカー
機首に備え付けられている大型衝角。これによる対艦戦闘を得意とする。
GN魚雷
後部アームに装備されている実弾兵器。大型と小型の2種類があり、大型魚雷はGNフィールドを突破できる。
対艦対地ミサイル
本体部に装備されている。その名の通り、対艦対地用の武装。
チェーンマインワーム
海ヘビ状の爆導索。敵や敵艦のスクリュー等に巻きついて爆発する。

対決・名場面[編集]

プトレマイオス2
2ndシーズン第4話より。ケミカルジェリーボムにより動きを封じたところへ奇襲をかけ、敵艦の装甲をクローで貫いた。……が、出来た装甲の切れ間からダブルオー、セラヴィーケルディムが出撃し、逆に奇襲を掛けられる。結局、セラヴィーとケルディムの連携の前に動きを封じられた末、GNソードで切り裂かれる事となった。

関連機体[編集]

ユニオンフラッグ
センサー類が本機の頭部などに流用されている。
スペルビア ジンクス
強襲揚陸ユニットのセンサーユニットが本機の物をベースとしている。

商品情報[編集]

リンク[編集]