ゲルググ (サンダーボルト版)

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
ゲルググ (サンダーボルト版)
外国語表記 Gelgoog [Thunderbolt Ver.]
登場作品 機動戦士ガンダム サンダーボルト
デザイナー
  • 太田垣康男(漫画版)
  • 津野田勝敏(OVA版)
テンプレートを表示
スペック
分類 汎用量産型モビルスーツ
主動力 熱核融合炉
装甲材質 超硬スチール合金
開発組織 ジオン公国軍
所属組織 ジオン公国軍
主なパイロット
テンプレートを表示

概要[編集]

一年戦争時にジオン公国軍が開発した量産型モビルスーツの中で最高の完成度を誇る機体。ジオン公国軍の初のビーム兵器を標準装備した機体である。

暗礁中域用に仕様変更されており、関節部にはシーリングが施されている。前腕部のジェットエンジン補助推進システムはサブアームに換装されており、シールドを2枚装備することが可能である。バックパックにはビッグ・ガンのものを流用したビーム・ジェネレーターが装備されており、その周りにスラスターと一体化したプロペラントタンクを斜め四方に装備している。バックパックが分離できるかどうかは不明。

登場作品と操縦者[編集]

機動戦士ガンダム サンダーボルト
主にセイレーン機動艦隊に配備されている。リビング・デッド師団の援軍としてサンダーボルト中域に到着するが、すでに戦闘は終了していたため救助活動を行った。
ア・バオア・クー防衛戦ではダリルが搭乗するが、両義手・両義足のため操縦が困難で撃墜されかかっている。

装備・機能[編集]

特殊機能[編集]

サブアーム
両腕部に装備されている簡易マニピュレーター。

武装・必殺攻撃[編集]

ビーム・ライフル
量産機としてはジオン初の携行ビーム兵器。高性能センサーにより高い照準値を誇る。ニュース映像に出た機体が装備していた。
専用ビーム・ライフル
ビーム・ジェネレーターにケーブルに繋がれているバレル開放式の大型ビーム・ライフル。
ビーム・ナギナタ
シールドの裏に2基装備している。量産機としてはジオン初の携行ビーム兵器。柄の両端からS字にビーム刃が発生。ただし取り回しに難があり、振り回すと自身を斬ってしまいかねないので、ビーム刃を片側のみ発生させて使用するパイロットもいる。
シールド
ラグビーボールのような端の尖った楕円形のシールド。耐ビームコーティングが施されている。サブアームに装備することで従来の機体と異なり、シールドを生かすことができている。

対決・名場面[編集]

関連機体[編集]

ゲルググ
宇宙世紀正史におけるゲルググ。

商品情報[編集]

リンク[編集]