高機動型ザクII (R-3型)

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
高機動型ザクII (R-3型)
外国語表記 ZAKU II High Maneuver Model Type R-3
登場作品 M-MSV
デザイナー 大河原邦男
テンプレートを表示
スペック
別名 ゲルググ先行試作型
分類 宇宙用試作型モビルスーツ
型式番号 MS-06R-3S
頭頂高 19.0m
本体重量 43.5t
全備重量 73.7t
主動力 熱核融合炉
ジェネレーター出力 1,390kW
スラスター総推力 56,600kg
装甲材質 超硬スチール合金
センサー有効半径 6,200m
開発組織 ジオニック社
所属 ジオン公国軍
主なパイロット トーマス・マイヤー
テンプレートを表示

概要[編集]

ジオニック社が開発した宇宙用試作型モビルスーツ高機動型ザクII (R-2型)をベースに開発された機体で、別名ゲルググ先行試作型と呼ばれる機体である。

本機は再びビーム兵器の使用を目指した機体であり、ゲルググ用の試作パーツを用いて開発されている。高出力のジェネレーターを搭載したことにより安定したビーム兵器の運用が可能となり、機動力もある程度維持することに成功している。だが、ビーム・ライフルの開発に時間がかかり、その間に本機は調整が加えられて正式番号がMS-06R-3からMS-06R-3Sへと改められている。

本機で得られたデータを元に、新規にゲルググが開発されている。

登場作品と操縦者[編集]

M-MSV
出典元。
モビルスーツコレクション・ノベルズ
Act.7「閃光の源」で登場。トーマス・マイヤーがテストパイロットを務めており、ビーム・ライフルの試射を行っている。その後連邦軍のモビルスーツと戦闘になりジム2機を撃破するが、推進器に不具合が生じて母艦に回収されている。

装備・機能[編集]

武装・必殺攻撃[編集]

50mmバルカン砲
頭部に2門内蔵されている機関砲。
試作型ビーム・ライフル
試作されたビーム・ライフル。ゲルググの物と形状が似ているが、本機の物は小型となっている。そのためビーム・ガンと呼称されることもある。
ヒート・ソード
加熱式の実体剣。ドムが装備しているタイプ似ているが、先端が鋭利化している。
バルカン砲
設定画には存在しないが、両手甲部分に2門ずつそれらしき物が確認できる。

対決・名場面[編集]

関連機体[編集]

ゲルググ
本機のデータを元に開発された機体。
高機動型ザクII (R-2型)
原型機。

商品情報[編集]

リンク[編集]