エマリー・オンス

提供: ガンダムWiki
Jump to navigation Jump to search

エマリー・オンス(Emary Ounce)[編集]

ΖΖガンダム引き渡しのために月面のアナハイム・エレクトロニクス社グラナダ工場より出向してきた補給ドック艦「ラビアンローズ」の艦長代理。

基本的に優秀な人物ではあるのだが、妻子あるブライト・ノアに深い想いを寄せており、幾度もなくブライトと不倫としか言いようがない行動を繰り広げていた(流石にブライトは彼女の想いを受け取らなかったが、案外まんざらでもなかったりする)。

登場作品と役柄[編集]

機動戦士ガンダムΖΖ
アーガマの修理を請負い、後にネオ・ジオンの攻撃からネェル・アーガマを守るためにプルツーの乗るクィン・マンサに対する盾となり、ブライトの名を叫びながらラビアンローズと運命を共にした。

人間関係[編集]

ブライト・ノア
想いを寄せた相手。
ミリィ・チルダー
部下。

名台詞[編集]

「そうよ、一心同体。…前方、弾幕薄いぞ!」
ミリィにブライト艦長みたいと言われた時の台詞。

搭乗機体・関連機体[編集]

ラビアンローズ
この艦の艦長代理を務めた。

商品情報[編集]

話題まとめ[編集]

資料リンク[編集]

リンク[編集]