メタス

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
メタス
外国語表記 Methuss
登場作品
デザイナー ビシャルデザイン
テンプレートを表示
スペック
分類 宇宙用試作型可変モビルスーツ
型式番号 MSA-005
頭頂高 18.1m
全高 26.0m
本体重量 27.8t
全備重量 52.4t
主動力 熱核融合炉
ジェネレーター出力 1,640kW
スラスター総推力 77,000kg
装甲材質 ガンダリウム合金
センサー有効半径 11,300m
開発組織 アナハイム・エレクトロニクス社
所属 エゥーゴ
母艦 アーガマ
主なパイロット レコア・ロンド
ファ・ユイリィ
カツ・コバヤシ (TV版)
テンプレートを表示

概要[編集 | ソースを編集]

エゥーゴΖ計画により、アナハイム・エレクトロニクス社で開発された初の可変モビルスーツ[1]。可変機構を検証する為のトライアル機としての性格が強く、胴体部も上半身と下半身を繋ぐシリンダー・フレームが露出しているなど、実戦投入を想定していない事を端的に物語っている。可変機構の恩恵で機動性こそ高いものの、MSとしての性能は決して高くはなく、特に近接白兵・格闘戦は貧弱な機体構造も有って不得手である。

試験運用で得られたデータは後のΖガンダムの開発に活かされ、Ζガンダムの完成に伴い共にアーガマへと配備・運用された。ただし、武装は最低限の物しか装備されておらず、第一線で運用するのは難しく、主に百式のメガ・バズーカ・ランチャーへのエネルギー供給[2]やパイロットの救助といったサポート運用に回されている。

戦力としては心許ないが、整備性の高さと簡略化された可変機構は評価されており、後発機であるΖIIリゼルは本機の可変機構を発展させたものが採用されている。

登場作品と操縦者[編集 | ソースを編集]

機動戦士Ζガンダム
主にレコア・ロンドが搭乗。レコア離脱後は、ファ・ユイリィがパイロットを務めた。性能面での不利から目立った戦果は挙げられなかったが、ファ機は最後まで生還し、ΖガンダムとガンダムMk-IIを回収してアーガマへと帰投している。
機動戦士Ζガンダム A New Translation
活躍はTV版とほとんど変わらない。ゼダンの門での戦闘では「メタス2」と呼ばれる2号機が登場しており、外見にも変化が見られる。
機動戦士ガンダムΖΖ
「Ζガンダム」から続投する形でファ・ユイリィと共に登場したが、物語が進む毎にダメージが蓄積していき、最終的に上半身の状態で出撃するが、Ζガンダムを庇う形で操縦不能となり、サイド1方面へと漂流する形でフェードアウトした。

装備・機能[編集 | ソースを編集]

特殊機能[編集 | ソースを編集]

変形
モビルアーマー形態に変形可能。通常はMA形態での運用が基本。母艦への艦載時にはバックパック部分のみ変形させた中間形態に変形する。
修理装置
一部ゲーム作品では、友軍機のHPなどを回復させる能力を持つことがある。当然ながら本来はそんな機能はなく、本機は戦闘力が低く支援用途での運用があったことから付与されたものと思われる[3]

武装・必殺攻撃[編集 | ソースを編集]

アーム・ビーム・ガン
前腕装甲との一体構造式であるビーム火器。出力2.0MW。パワーサプライヤーケーブルと直結しており、MS形態での使用時には基部の軸に沿って銃身が腕前方へと180度回転。展開したグリップをマニピュレーターで保持し、半固定型の射撃武装として使用される。MA形態時にも使用可能。
ビーム・サーベル
左右の脚部装甲板の裏側に予備を含めて3基ずつ計6基を装備。出力0.5MW。形状は独自の物だが、威力やデバイスとしての規格は標準的なもの。また、設定のみの機能として、グリップ部のプレートを展開する事で斧刃状のビーム刃を形成する事も可能[4]

その他 [編集 | ソースを編集]

バルカン砲らしき武装
機体設定に無い武装。『Ζ』第23話にハイザックへ向けて頭部から発射する描写がある。
グレネードランチャーらしき武装
同上。『Ζ』第38話にハンブラビ隊へ向けて左腕部から発射する描写がある。こちらは「エゥーゴvs.ティターンズ」など一部ゲーム作品で実装されている。

対決・名場面[編集 | ソースを編集]

関連機体[編集 | ソースを編集]

メタス[エーヴィ・アルヴァ専用機]
本機を実戦用に改修した機体。
メタス改
火力増強と装甲強化が行われた機体。
メタス・マリナー
水陸両用機として水中用装備が施された機体。
メタスX-1 / メタスX-2 / メタスX-3
可変MSのさらなる開発のため、コンセプト毎に異なる改修を受けた機体。
ガンキャノン・ディテクター
メタスの可変機構を地上での姿勢制御に応用した支援用MS。
ΖII
Ζガンダムとメタスの設計を統合して、コストダウンを図った機体。
リゼル
ΖIIの設計を基に、ジェガンの設計を組み込むことで更なるコストダウンを図り、量産化を可能にした。
ガナビィ
宇宙戦国時代のミキシングビルドモビルスーツの1機。本機の胴体部が使用されており、簡易的に変形が可能となっている。

商品情報[編集 | ソースを編集]

ガンプラ[編集 | ソースを編集]

リンク[編集 | ソースを編集]

脚注[編集 | ソースを編集]

  1. メタス以前には百式の原型であるデルタガンダムが開発されているが、構造上の欠陥から開発中止となっている。
  2. 劇場版のみ。TV版ではゲルググのレプリカ機が使用されている。
  3. 『ΖΖ』ではΖガンダムにEパックを運んでいく描写があり、『劇場版Ζ』ではメガ・バズーカ・ランチャーへのエネルギー供給を行うなど、それらしい描写も存在する。
  4. ガンプラ旧キット「1/144 メタス」インストの解説文など