メタス改

提供: ガンダムWiki
Jump to navigation Jump to search
メタス改
外国語表記 Methuss Custom
登場作品 Ζ-MSV
デザイナー 藤田一巳
テンプレートを表示
スペック
分類 試作型可変モビルスーツ
型式番号 MSA-005S
頭頂高 18.3m
本体重量 34.9t
全備重量 50.9t
主動力 熱核融合炉
ジェネレーター出力 2,000kW
スラスター総推力 83,000kg
装甲材質 ガンダリウム合金
センサー有効半径 12,000m
開発組織
所属 カラバ
テンプレートを表示

概要 [編集]

カラバアナハイム・エレクトロニクス社から供与されたメタスの基本フレームを基に独自開発した可変モビルスーツ

メタスが火力や対MS戦における防御力の脆弱性という問題を抱えていた事から、本機は背部スラスターユニットにハイ・メガ・キャノンを搭載し火力を増強。また、外装や各部関節にも改修を加え、腹部のアクチュエーター部分にカバーを設けるなど防御面の強化も行われている。

TMSの試作機から一転して高火力の砲撃機に変貌しているあたり、ある意味、極端から極端へと走った機体である。

登場作品と操縦者[編集]

Ζワールド 宇宙世紀0087へのアプローチ Step.Δ インターミッションMk-II
「月刊OUT」1985年11月号収録の同コーナーにバストアップのイラストが掲載されている。これが全身像の基となった。
機動戦士ガンダム MS大全集 (1989年)
文字設定の初出。ただし、誤植によりガンキャノン・ディテクターと解説文が入れ替わっている。
Ζ-MSV
主な出典元。

装備・機能[編集]

特殊機能[編集]

変形
モビルアーマー形態に変形可能。

武装・必殺攻撃[編集]

アームバルカン
アーム・ビーム・ガンの代わりに装備されている。ゲームなどでは使われないことが多い。
ビーム・サーベル
近接戦用の斬撃武器。改修前と同じ物。
ハイ・メガ・キャノン
背部スラスターユニット先端部に新たに追加された武装。MS形態での砲撃時はスラスターユニットが水平に可動。頭部に覆いかぶさった状態で発射する。

対決・名場面[編集]

関連機体[編集]

メタス
原型機。
メタスX-3
可変MS開発計画「メタス・プロジェクト」で開発されたメタスベースの試作機の1つ。試験後に再設計され本機へと至る。
ガンキャノン・ディテクターメタス・マリナー
本機と同様、メタス・フレームを有する機体群。
リゼル
メタスの実質的な量産機。カラーリングがよく似ている。

商品情報[編集]

リンク[編集]