シャイニングガンダム

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
シャイニングガンダム
外国語表記 Shining Gundam
登場作品
デザイン 大河原邦男
テンプレートを表示
スペック
分類 第13回ガンダムファイト大会用モビルファイター
登録番号 GF13-017NJ
頭頂高 16.2m
本体重量 6.8t
総重量 15.5t
装甲材質
開発組織 ネオジャパン
所属 ネオジャパン
ガンダムファイター
テンプレートを表示

概要[編集]

ガンダムファイト第13回大会における、ネオジャパンのガンダムで、主人公ドモン・カッシュの機体。格闘技と剣技に特化した機体となっている。

コアランダーが機体機動のキーとなって、シャイニングガンダムと合体する時はバックパックとして機能する。これは各国のガンダムに共通する技術である。バトルモード時ではフェイスマスクとアームプロテクターを展開して必殺技のシャイニングフィンガーが使用できる。

スーパーモード時はドモンの感情が高ぶることで発動し、機体性能が爆発的に向上する。当初のスーパーモードではドモンの「怒りの感情」がキーとなるが、パワーのみで機体性能を持て余したが、ギアナ高地におけるシュバルツのアドバイスで会得した明鏡止水の「心静かな感情」がキーとなって本来のスーパーモードの機体性能を発揮。その力は東方不敗マスターガンダムデビルガンダムを圧倒するほど。しかし、ギアナ高地のデビルガンダム戦で機体は限界となって作動不能となる。そしてその場で届けられたゴッドガンダムレインの力で機体データを移植。シャイニングガンダムはその役目を終えて、今でもギアナ高地で見守っている。

登場作品と操縦者[編集]

機動武闘伝Gガンダム
前半の主役機。ガンダムファイタードモン・カッシュ。ドモン不在時にはレイン・ミカムラが搭乗した事もあった。
機動武闘伝Gガンダム (小説版)
後継機のゴッドガンダムが登場しないため、最後までドモンの搭乗機として活躍する。

装備・機能[編集]

特殊機能[編集]

バトルモード
戦闘形態の一つでアームプロテクターとフェイスカバーが展開される。この形態からシャイニングフィンガーが使用可能になる。
スーパーモード
怒りの感情が頂点まで高まる事により発動する戦闘形態。バトルモードの変形に、さらに頭部のフィン・ダクトの展開、腕部・脚部のブースターの展開、ショルダーカバー(ジェネレーター)の展開、足部アウトリガーの設置が加わる。ドモンの明鏡止水習得後は、怒りの感情に頼らずとも発動できるようになり、加えて機体性能を最大限に発揮できるようになった。
分離
コアランダーに分離可能。

武装[編集]

バルカン砲
頭部に2門内蔵。敵の牽制に多く使われる。
マシンキャノン
両肩部に2門内蔵されている。
シャイニングショット
両腕のアームプロテクターに内蔵されたビームガン。
ビームソード
大小2本が左腰に備わっている。因みにオープニングや下記のシャイニングフィンガーソード使用時には、ビームソードの刀身に「G GUNDAM」の文字が刻まれている。

技・必殺技[編集]

格闘
手足を用いて繰り出す徒手空拳。SFCソフト「機動武闘伝Gガンダム」ではシャイニングストライクという名称が付けられており、ゲーム作品によってはその名称が用いられている。
シャイニングフィンガー
シャイニングガンダムの必殺技。指の股関節から液体金属が噴出し、拳全体がエネルギーの塊となって相手を砕く。技名の前には基本的に「必殺!」の口上が入る。ガンダムファイト条約第1条「頭部を破壊されたものは失格となる」のルールに対し、対象の部位をピンポイントで破壊できるという点が強いアドバンテージとなっている。第4話などで掌のエネルギーをエネルギー弾として放っている他、第13話では同乗していたレインと共に繰り出し、強力なエネルギー波を放っている(最終回の展開を考えると予行練習に見えなくもない)。
余談だが、放送前後に漫画雑誌『コミックボンボン』に掲載されていた漫画では情報量が足りていなかったため、前口上が「ドモン拳 奥義!!」となっている(単行本ではTV版に準じた物へ修正済み)[1]
シャイニングフィンガーソード
スーパーモード時に使用可能な必殺技。シャイニングフィンガーのエネルギーをソードに注ぎ込んで、機体の全長を遥かに超える巨大なビーム刃を形成し、相手を切り裂く。

対決・名場面[編集]

機動武闘伝Gガンダム [編集]

銀色の脚VS黄金の指
第1話より、シャイニングガンダムの記念すべき第一戦。必殺技「銀色の脚」で街もろとも攻撃してくるネロスガンダムに対し、必殺のシャイニングフィンガーが炸裂。銀色の脚のエネルギーを押し返すその一撃は、遂にネロスガンダムの頭部を打ち砕いた。初めて必殺技が繰り出される熱いシーンであると同時に、ガンダムファイト国際条約第1~2条についての解説もある、とても重要なシーン。
マスターガンダム
デビルガンダム

関連機体[編集]

市街地戦仕様シャイニングガンダム
ガンプラ旧HGの説明書に掲載されているカラーバリエーション。機体全体が白系統で塗装されている。月刊ホビージャパン1995年4月号別冊「機動武闘伝Gガンダム/ガンダムファイトTHE3D(後にムック「ガンダムウェポンズ Gガンダム編」に収録)」にはこれ以外のカラーパターンも模型作例で掲載されている。
シェイディングガンダム
「超級!機動武闘伝Gガンダム」に登場する、予備のフレームを使って造られた黒いシャイニングガンダム。
ライジングガンダム
シャイニングと平行して開発が進められていた戦闘用の機体で、兄弟機にあたる。
ゴッドガンダム
決勝大会用として開発されていた後継機。
ウルベのガンダム
第12回ガンダムファイトでウルベ・イシカワが搭乗していたガンダム。詳細不明。本機に似た外見を持つ。
ガンダムシャイニングブレイク
ガンダムビルドダイバーズ ブレイク』に登場するガンプラ。武装が追加され、ベーシックなバトルスタイルに変化している。

商品情報[編集]

ガンプラ[編集]

フィギュア [編集]

リンク[編集]

脚注[編集]