レイン・ミカムラ

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

レイン・ミカムラ(Rain Mikamura)[編集]

機動武闘伝Gガンダム」のヒロイン。ミカムラ博士の娘で、ドモンの幼馴染みであり、それが縁で彼のパートナーとなる。医師であると同時に、メカニックの整備やガンダムの操縦まで出来るスーパーウーマン。

物語序盤からのドモンの良きパートナーであり、わりとぞんざいな扱いを受けながらも彼の気持ちを理解してやり、献身的に支える。 その裏には、父ミカムラ博士ウルベ・イシカワによってデビルガンダムの撃破およびキョウジ・カッシュの拘束を目的とした洗脳を受けるドモンを間近で見ているため、その贖罪の意識もあるようだ。

行く先々で人質にされたり、何かと腹パンチを受けるなどガンダムシリーズで最も酷い扱いを受けた女性の一人と言われる。それでも前向きにドモンへ尽くす姿から、王道的ヒロインとして人気を博した。

後半からはライジングガンダムに搭乗し、ほぼ相打ちとはいえ暴走状態のアレンビー・ビアズリーが乗るウォルターガンダムを倒している。

終盤にウルベによりデビルガンダムのコアとして利用されたが、ドモンの告白により呪縛から解き放たれ、共にデビルガンダムを倒した。

登場作品[編集]

機動武闘伝Gガンダム

人間関係[編集]

ドモン・カッシュ
幼馴染。ガンダムファイトにおけるパートナー。
ミカムラ博士
実父。シャイニングガンダムの開発者。
アレンビー・ビアズリー
ネオ・スウェーデンのガンダムファイター。彼女の登場でドモンとの間に微妙な三角関係が出来上がる。
セイット・ギュゼル
大学時代の同級生で恋人めいた間柄だった。後にガンダムファイターとなり、ドモンと戦うことに。

名台詞[編集]

「ドモンのバカ!もう……絶交よ!!」
目的のためとはいえ何かと自分勝手に振る舞うドモンへの恨み言。といっても次の回では当たり前のようにドモンと一緒にいるので、言葉通りの深刻さではない。ちなみに英語では「もう口利いてあげないんだから!」(意訳)というような意味になっており、表現はややソフトになっているが、おおむね同じような用途になっている。
「き、きつい…」
初めてガンダムに乗り込んだ時の台詞。

搭乗機体・関連機体[編集]

ライジングガンダム

シャイニングガンダム
整備を担当。自身が乗り込んで戦闘を行った事もある。
ゴッドガンダム
整備を担当。

商品情報[編集]

話題まとめ[編集]

資料リンク[編集]

リンク[編集]