レイン・ミカムラ

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
レイン・ミカムラ
外国語表記 Rain Mikamura
登場作品 機動武闘伝Gガンダム
声優 天野由梨
テンプレートを表示
プロフィール
種族 人間
性別
生年月日 F.C39年10月3日
星座 てんびん座
年齢 20歳
出身 ネオジャパン
身長 167cm
血液型 A型
職業
  • 医師
  • ネオジャパンのサポートスタッフ
所属 ネオジャパン
主な搭乗機 ライジングガンダム
テンプレートを表示

概要 [編集]

機動武闘伝Gガンダム』のヒロイン。ミカムラ博士の娘で、ドモンの幼馴染であり、それが縁で彼のパートナーとなる。医師であると同時に、メカニックの整備やガンダムの操縦まで出来るスーパーウーマン。

物語序盤からドモンのパートナーとして彼の傍に寄り添い、時にぶっきらぼうな振る舞いをされながらも献身的にサポートしている。その裏には、父ミカムラ博士とウルベ・イシカワによってデビルガンダムの撃破およびキョウジ・カッシュの拘束を目的とした洗脳を受けるドモンを間近で見ているため、その贖罪の意識もあるようだ。行く先々で度々ドモンに振り回されたり、悪者に人質にされるなどのトラブルに見舞われながらも、それでも前向きにドモンへ尽くす姿から、王道的ヒロインとして人気を博した。

後半からはライジングガンダムに搭乗し、ほぼ相打ちとはいえ暴走状態のアレンビー・ビアズリーが乗るウォルターガンダムを倒している。

終盤にウルベによりデビルガンダムのコアとして利用されたが、ドモンの告白により呪縛から解き放たれ、共にデビルガンダムを倒した。

登場作品[編集]

機動武闘伝Gガンダム
初登場作品。ドモンのパートナーとして、時には衝突し時には協力しあったりを繰り返しながら彼を献身的に支えた。

人間関係[編集]

主要人物 [編集]

ドモン・カッシュ
幼馴染。ガンダムファイトにおけるパートナー。

家族 [編集]

ミカムラ博士
実父。シャイニングガンダムの開発者。

各国のガンダムファイター [編集]

アレンビー・ビアズリー
ネオ・スウェーデンのガンダムファイター。彼女の登場でドモンとの間に微妙な三角関係が出来上がる。
セイット・ギュゼル
大学時代の同級生で恋人めいた間柄だった。後にガンダムファイターとなり、ドモンと戦うことに。

名台詞[編集]

機動武闘伝Gガンダム [編集]

「ドモンのバカ!もう……絶交よ!!」
目的のためとはいえ何かと自分勝手に振る舞うドモンへの恨み言。といっても次の回では当たり前のようにドモンと一緒にいるので、言葉通りの深刻さではない。ちなみに英語では「もう口利いてあげないんだから!」(意訳)というような意味になっており、表現はややソフトになっているが、おおむね同じような用途になっている。
「き、きつい…」
第13話より、初めてシャイニングガンダムに乗り込んだ時の台詞。本職のファイターでないだけに、モビルトレースシステムでのパイロットスーツ着用時には、システムの仕様上全身にかかる強烈な圧力に悶絶しており、これなんてエロアニメ?と言いたくなるようなきわどい描写が語り草となっている。

搭乗機体・関連機体[編集]

ライジングガンダム
『G』第42話でドモン達の危機を救うべく搭乗。以降、レインの搭乗機となる。
シャイニングガンダム
整備を担当。『G』第13話では自身が乗り込んで戦闘を行った他、第24話ではネオホンコンから遠隔操縦を行った。
ゴッドガンダム
整備を担当。

商品情報[編集]

フィギュア [編集]

リンク[編集]