ライジングガンダム

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
ライジングガンダム
外国語表記 Rising Gundam
登場作品 機動武闘伝Gガンダム
デザイナー 大河原邦男
テンプレートを表示
スペック
分類 モビルファイター
型式番号 JMF-1336R
頭頂高 16.2m
本体重量 6.7t
主動力 熱核融合炉
装甲材質
開発組織 ネオジャパン
所属 ネオジャパン
ガンダムファイター ウルベ・イシカワ (予定) ⇒ レイン・ミカムラ
テンプレートを表示

概要 [編集]

ネオジャパンが開発したシャイニングガンダムの試作機。

基本的な性能はシャイニングと同じだがスーパーモードは搭載していない。実機製造にあたってはガンダムファイトで予想される対デビルガンダム戦を意識した設計変更が成されたため、様々な武装やモビリティモードなどのモビルスーツの兵器概念を取り入れた機構を持つ、より実戦的なモビルファイターとして完成した。ノーマルモード時ではショルダーアーマー内のフィールド発生器により防御力が高められ、モビリティモード時では攻撃力と機動力が高められる。

登場作品と操縦者[編集]

機動武闘伝Gガンダム
第39話で初登場。その後、第42話でデビルガンダム四天王に苦戦するドモンを救うべく、レインが強奪・搭乗する。以降の話でウォルターガンダムと死闘を繰り広げた。
GUNDAM EVOLVE
『EVOLVE 3』に登場。ゴッドガンダムと激しい夫婦喧嘩を繰り広げた。
ガンダムビルドファイターズトライ
チーム「北宋の壺」のメンバー、サノ・ケイコが紺色のライジングガンダムを使用。R・ギャギャのお供を務めた。

装備・機能[編集]

特殊機能[編集]

分離
コア・ランダーを分離可能。通常はヒートナギナタが接続されているため、コア・ランダーの使用は不可。
変形
モビリティモードまたはノーマルモードへ変形可能。

武装・必殺攻撃[編集]

武装[編集]

バルカン砲
シャイニングと同型のもの。
ビームマシンガン
速射性に優れる射撃兵装。ノブッシが携行している物と同型。本編未使用。
ヒートナギナタ
背部(コア・ランダーの底部)に装着されている長刀。超鋼素材製の装甲をも切り裂く切れ味を持つ。手に持ち回転させることで防御にも使える。
ビームボウ
左腕部に装備された兵装。使用時にユニットを腕部正面まで展開させる。強力なビームの矢を放つことができる。
ライジングシールド
モビリティモード時に腕部のビームボウユニットにショルダーアーマーを接続して完成する大型の盾。

必殺技[編集]

必殺必中ライジングアロー
ビームボウの弦を引きしぼり、矢の形状のビームを相手に放つ技。弓の弦を引きしぼることで威力が上がる。必殺必中の文字通り、劇中ではウォルターガンダムのバーサーカー・システム制御部分をピンポイントで打ち抜いている。
ライジングフィンガー
『GUNDAM EVOLVE 3』で使用。掌に気弾を形成し放つ技。その後の媒体ではシャイニングフィンガーと同様の技として描写されている。恐らくシャイニングガンダムと同じく液体金属を拳に纏わせているものと思われる。

対決・名場面[編集]

ウォルターガンダム
ゴッドガンダム
『GUNDAM EVOLVE 3』での対決。TV版最終回後、1人で勝手に修行の旅に出たドモンに対し、ほったらかしにされたレインは激怒。ライジングガンダムに乗り、演舞中のゴッドガンダムに怒鳴りかかる。繰り出される殴打の数々に遂にドモンも応戦。激しい格闘戦が繰り広げられ、しまいには互いのフィンガー対決にまで発展する。レインの怒りの一撃はゴッドフィンガーを打ち破り、夫婦喧嘩はレインが勝者となるのだった。

関連機体[編集]

シャイニングガンダム
兄弟機。

商品情報[編集]

ガンプラ[編集]

リンク[編集]