ガンダムシュピーゲル

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
ガンダムシュピーゲル
外国語表記
  • Gundam Spiegel
  • Shadow Gundam (海外表記)
登場作品 機動武闘伝Gガンダム
デザイナー 大河原邦男
テンプレートを表示
スペック
分類 モビルファイター
登録番号 GF13-021NG
全高 16.3m
本体重量 7.3t
全備重量 16.2t
装甲材質
開発組織 ネオドイツ
所属 ネオドイツ
ガンダムファイター シュバルツ・ブルーダー
テンプレートを表示

概要[編集]

ネオドイツが開発したガンダムファイト第13回大会用のモビルファイター

第7回大会を制覇したカイザーガンダムの系列機とされており、全体的に忍者と歩兵を掛け合わせたようなフォルムを持つ。フリント型ヘルメットを模した頭部とトレンチコート状の胸部が特徴的である。

両腕に装備された大型の実体剣「シュピーゲルブレード」の他にクナイ型の爆弾「メッサーグランツ」、掌(手首?)から射出する鋼鉄製の網「アイアン・ネット」などを装備し、シュバルツの駆使する「ゲルマン流忍術」と相俟って、大会に出場するモビルファイターの中でも屈指の格闘能力を有する。また、光学迷彩による隠密性にも優れ、背景と同化するといった芸当も披露する。

バックパックは分離・変形してコアランダーとなる。後部にはスラスター兼用の「リパルスリフターユニット」と呼ばれる物が存在し、それ以外にも各所にサブスラスター、謎のピットやスリット等が備わっている。これについては「ゲルマン流忍術の使用と関連性があるのではないか」と考えられている。

「シュピーゲル」とはドイツ語で「鏡」という意味。「シュバルツ・ブルーダー」も「黒い兄弟」という意味になり、当機とパイロットの作品中での位置づけを暗に示したものとなっている。また、海外では「Shadow Gundam」と名前を変更されている。

実は本機は第13回大会のサバイバルイレブンにてデビルガンダムと遭遇し、その時に破壊されていた。この際、デビルガンダムに取り込まれてかけていたキョウジ・カッシュは最後の力を振り絞ってDG細胞を本機に移植して再生させ、また、死亡した本物のシュバルツを自身の分身のアンドロイドとして蘇らせ、自分の意志を託している。

シュバルツ(キョウジのコピーアンドロイド)はDG細胞の能力を強固な精神力で「自己再生」以外の能力を抑制しており、性能面でも強化されていた可能性はあるが、機体の外見や基本武装については特に差異が無く、ネオドイツの技術者は香港大会でゴッドガンダム戦でシュバルツが負傷するまで、何の疑問も無しに接していた。

登場作品と操縦者[編集]

機動武闘伝Gガンダム
第16話で初登場。現れるなり、分身の術で東方不敗を驚愕させた。
続く第17話でも打倒デビルガンダムを志すドモンの修行の為にシャイニングガンダムガンダムファイトを行い、勝利。ギアナ高地デビルガンダムが現れた際には、シャッフル同盟の脱出にも協力する。
その後、マスターガンダムの攻撃でドモンを庇い機体は損傷するが、決勝大会の地であるネオホンコンには復活した状態で現れる。決勝大会でも順当に勝利を重ね、ドモンのゴッドガンダムとの最終戦デスマッチで最終奥義「石破天驚拳」の前に敗れる事となる。
ランタオ島の最終バトルロイヤルで出現したデビルガンダムとの決着を付ける為にライジングガンダムと協力して乱入。デビルガンダムに特攻を仕掛けるが、バルカンの弾幕にさらされ、完全に破壊される(シュバルツは直前に脱出して直接デビルガンダムのコクピットに乗り移り、デビルガンダム破壊に助力している)。

装備・機能[編集]

特殊機能[編集]

光学迷彩
合体・分離
コアランダーと合体・分離する。

武装・必殺攻撃[編集]

シュピーゲルブレード
ガンダムシュピーゲルの主武装。両腕部分に装着された大型の剣で、普段は折り畳まれて肘裏に固定されている。非常に鋭利で、一説ではその精製には日本刀と同じ技術が用いられていると言われる。
メッサーグランツ
小型爆弾が内蔵された投げクナイ。
アイアンネット
鋼鉄製の網。腕部に内蔵されており、主に対象の動きを封じる為に用いられる。

技・必殺技 [編集]

シュツルム・ウント・ドランク
シュピーゲルブレードを展開した両腕を大きく広げて全身を高速回転させながら対象に突進して切り裂く技。技名を約すと「疾風怒濤」。まさにその名の通り、止まらぬ勢いでガンダムファイト決勝大会を勝ち進んでいき、シャッフル同盟ですらドモンを除いて太刀打ちができなかった。

対決・名場面[編集]

機動武闘伝Gガンダム [編集]

バイキングガンダム
第28話より。無数のオールを投げつけてくるバイキングガンダムに対し防戦一方に追い込まれるガンダムシュピーゲル。止めを刺そうと投げつけられてきた銛を畳返し(ならぬタイル返し)で防ごうとするも、タイルごと深々と突き刺さってしまった。勝利を確信するエリックだったが、タイルが砕けるとそこには乗り捨てたオセベルクの姿が。シュピーゲルは変わり身の術を使っていたのだ。次の瞬間、地面からシュピーゲルが登場。バイキングガンダムの両腕を瞬く間に切り裂き、勝利を収めた。
ゴッドガンダム
第40話より、爆弾金網デスマッチでの対決。調整不足によりゴッドフィンガーが出せないゴッドガンダムに怒涛の連撃を加えるシュピーゲル。不利な状況に陥っても自分1人で戦えるというドモンにシュバルツは喝を入れ、ドモンに大切な人達と共に戦う事の大切さを再認識させた。そして遂にシュピーゲルとゴッドの必殺技が炸裂。決着の瞬間、リングが爆発し、2機は爆炎に飲まれる。爆発が収まった時、そこに立っていたのはゴッドガンダムだった。
デビルガンダム
第44話より。東方不敗の手によりデビルガンダムのコアにされようとするドモンを救うべく、シュバルツは意識が消えかける中、単身デビルガンダムの下へと向かう。激しい攻撃にさらされバラバラになっていくシュピーゲル。しかし、破壊される寸前にシュバルツはデビルガンダムのコックピットへ飛び移る事に成功する。キョウジに代わるコアを手に入れようとシュバルツを取り込もうとするデビルガンダムに対し、シュバルツは自分とキョウジごとデビルガンダムを撃てとドモンに叫ぶ。ドモンは愛する兄達を呪いから解き放つため、石破天驚拳を撃とうと決意する。

商品情報[編集]

ガンプラ[編集]

資料リンク[編集]

リンク[編集]