バイキングガンダム

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
バイキングガンダム
外国語表記 Viking Gundam
登場作品 機動武闘伝Gガンダム
デザイナー 大河原邦男
テンプレートを表示
スペック
分類 第13回ガンダムファイト大会用モビルファイター
登録番号 GF13-012NN
頭頂高 16.9m
重量 8.1t
装甲材質 ガンダリウム合金スーパーセラミック複合材
レアメタル・ハイブリッド多層材
開発組織 ネオノルウェー
所属 ネオノルウェー
ガンダムファイター エリック・ザ・バイキング
テンプレートを表示

概要[編集]

第13回ガンダムファイトネオノルウェー代表モビルファイター。バイキングをモチーフとした機体で、水上戦を得意としている。

船型のサポートメカ「オセベルク」との合体することでオーセベリーモードになることが可能で、水上での機動性が向上する。反面「オセベルク」に穴を開けられると無力化されてしまう弱点もある。火炎放射器やミサイルを内蔵し、ヒートオールを投擲して使用する戦闘スタイルであるため中距離戦闘を得意としているようである。

登場作品と操縦者[編集]

機動武闘伝Gガンダム
第21話の各国のガンダムがネオホンコンに集結するシーンで初登場。第28話ではガンダムシュピーゲルと対戦するも、オセベルクを変わり身の術に使用された隙を突かれ、両腕を切断されて敗退した。デビルガンダム・コロニーが出現した際には、世界ガンダム連合の一員として各国のガンダムと共にデビルガンダムの地球侵攻の阻止に努めている。

装備・機能[編集]

特殊機能[編集]

合体
オセベルクと合体することでオーセベリーモードとなる。

武装・必殺攻撃[編集]

ヒートオール
船の櫂のような形状の武装。オセベルクに搭載されているのか何本も使用しており、主に投擲して使用している。櫂としてももちろん使用可能である。
火炎放射器
頭部の口部に内蔵されている。
ミサイル
胸部や腕部のシールドのような物に多数内蔵されている。
黒い槍(名称不明)
ガンダムシュピーゲルにトドメを刺すために投擲した武装。場面的にはヒートオールがそのまま変化したような描写である。

対決・名場面[編集]

関連機体[編集]

商品情報[編集]

リンク[編集]