デビルガンダム

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
デビルガンダム
外国語表記 Devil Gundam
Dark Gundam (海外表記)
登場作品 機動武闘伝Gガンダム
テンプレートを表示
スペック
分類 モビルファイター (一部資料による)
型式番号 JDG-009X(JDG-00X)
頭頂高 23.9m (最終形態MF時)
重量 41.2t (最終形態)
主動力 グランドマスターガンダム (コロニーデビルガンダム)
装甲材質
原型機 アルティメットガンダム
開発者
所属 デビルガンダム軍団
主なパイロット
【第1~第2形態】
キョウジ・カッシュ
【最終形態】
レイン・ミカムラ (生体ユニット)
テンプレートを表示

概要 [編集]

ドモンの父、ライゾウ・カッシュ博士が開発した「自己再生」「自己進化」「自己増殖」の三大理論を備えた究極のガンダム。同時期に開発が進められていたシャイニングガンダムとは一部の基礎設計を共有しており、胸部や頭部にそれが現れているが、それ以外の部位は極度に肥大化している異形の機体である。

本来は「アルティメットガンダム」と呼ばれ、ガンダムファイトにおけるモビルファイターのメンテナンスフリー等[1]を目的に開発された機体であったが、その後地球環境再生マシンとして転用されたという開発経緯を持つ。

しかし、カッシュ博士の才能に嫉妬したミカムラ博士と、アルティメットガンダムの軍事利用を画策したウルベ・イシカワらの策略によりカッシュ一家は拘束され、アルティメットガンダムも接収されそうになるが、カッシュ博士の息子キョウジは父に促されてアルティメットガンダムと共にその場から逃亡し地球へ逃れた。しかし、地球に降下した際のショックからアルティメットガンダムは地球再生のプログラムと三大理論を飛躍させ、「人類こそが地球再生最大の障害である」と認識し、人類抹殺を目的としたデビルガンダムへと変貌。キョウジを生体ユニットとして取り込み、人類抹殺のための活動を開始した。

各形態 [編集]

第1形態
アルティメットガンダムとして開発されていた初期の形態。甲殻類や昆虫を思わせる多脚型の下半身を持つ。地球への大気圏突入時のショックでデビルガンダムとなった
地球落下時のダメージを回復する為に1年の時間を自己修復に費やし、第13回ガンダムファイト開催中に復活。地球各地を移動し、各国のガンダムファイターDG細胞に感染させ、自らの手駒としていった。
第2形態
新宿の都庁地下に潜伏し、巨大な繭となってデスアーミーを吸収しながら進化を続け、シャイニングガンダムのシャイニングフィンガーソードのエネルギーを吸収する事で自己進化した形態。下半身が肥大化し、下半身の上部に巨大なガンダムの頭部を有する。ギアナ高地に出現した際には、本体と連結したガンダムヘッドを生み出す事が可能になった。
デビルコロニー (コロニーデビルガンダム)
第13回ガンダムファイト決勝戦の後、レイン・ミカムラを生体ユニットとしてネオジャパンコロニーと一体化した形態。外見は『G』前期OPに登場したものとほぼ同一で、コロニーの中心部に巨大なガンダムの上半身が生えたような姿をしている。
最終形態
デビルコロニーの中枢部が分離・独立した最終形態。第1~第2形態に似た上半身に巨大なガンダムヘッドとなる下半身を持ち、ガンダムヘッドの下半身から上半身が生えたモビルアーマー形態と、下半身が脚部へと変形したモビルファイター形態への変形機構を有する。

登場作品と操縦者[編集]

機動武闘伝Gガンダム
第6話より登場。物語のキーパーソンとして、ドモンはガンダムファイトと平行してこの機体を追い続けた。新宿でシャイニングフィンガーソードのエネルギーを吸収する事で第2形態に進化。スーパーモードのシャイニングガンダムを圧倒するが、ギアナ高地での戦闘で明鏡止水の心を会得したドモンの前に撃破された。
しかし、完全には破壊されておらず、ウォン・ユンファによってネオホンコンに運ばれ[2]、秘密裏に修復が進められた。だが、生体ユニットとなっていたキョウジの身体はギアナでの戦いで限界を迎えており、ウォンとマスターアジアはガンダムファイト決勝大会を利用して新しい生体ユニットに相応しいガンダムファイターを探し出すべく暗躍した。
決勝バトルロイヤルで機体の修復が完了し、デビルガンダム四天王とともに三度ドモン達の前に姿を現すが、そこに割って入ったシュバルツ・ブルーダーの捨て身の行動によって動きを封じられ、ドモンの涙の石破天驚拳がシュバルツとキョウジを撃ち抜いた事で再び撃破された。
第13回ガンダムファイト終了後、残骸はネオジャパン軍により接収されるが、今度はウルベ・イシカワがこれを利用して世界制覇を目論み、レインを生体ユニットとしてコロニーデビルガンダムを生み出し、シャッフル同盟、そしてガンダム連合と激戦を繰り広げた。レインが自らの父が罪を犯した事による罪悪感からドモンを拒絶していた為、ドモンが中枢部に近づく度にその反発が激化していき、遂には最終形態に進化してドモンと直接対決を演じた。その後ドモンの愛の告白によってレインがデビルガンダムの呪縛から解き放たれ、二人の石破ラブラブ天驚拳の前に完全消滅した。中心部の消滅に伴い、ネオジャパンコロニーに寄生していたデビルガンダム自体も骨格を残して消滅している。
ガンダムビルドファイターズ
第8話にて最終形態のガンプラが登場。「ネメシス」の中でも凄腕のガウェイン・オークリーが使用し、アイラ・ユルキアイネンジェガンと模擬戦をするも、サイズ差を上回る実力差の前に呆気なく返り討ちにされるという視聴者も驚愕する展開となった。
ガンダムビルドダイバーズ
第3話に第2形態の色違いが連戦ミッションのボスとして登場。ブレイクデカールの引き起こしたバグにより暴走状態に陥っており、マスダイバー達の使用するバーナム機ピコ機を模したジェガン3機を蹂躙し、その内1機を噛み砕くという悍ましい光景が描かれた[3]。最終的にクジョウ・キョウヤガンダムAGEIIマグナムによって撃破された。

装備・機能[編集]

特殊機能[編集]

DG細胞
元々は「アルティメット(U)細胞」と呼ばれていた金属細胞。MFのメンテフリーを目的として研究されていた物。ディマリウム合金の性質を応用し、機械のみならず生物にも取り付いて物質構造を記憶し、破損を修復する。この性質を応用し、機体のエネルギーや構造材を生産する事も可能。
アルティメットガンダムがデビルガンダム化した事で対象を元通りに再生するのではなくデビルガンダムの都合のいい形に変質させるデビルガンダム(DG)細胞に変質した。
ディマリウム合金は人間の精神に反応する為、これを制御する為にデビルガンダムは生体ユニットとして人間を取り込む必要がある。また、強靭な精神力を持つ人間であれば制御下に置く事も可能である。

武装・必殺攻撃[編集]

バルカン砲
頭部に四門搭載された機関砲。大型機体ゆえ、モビルファイターを容易く粉砕できる程威力が高い。
拡散粒子弾
両肩のファンや触手の先端、デビルフィンガーから発射されるビーム砲。弾幕を張れるぐらい連射できる。
触手
機体各部から生えた触手(ケーブル)で攻撃する。拡散粒子弾による攻撃の他、先端から小さな触手を複数本射出して敵を拘束するなど様々な用途で用いられた。
ガンダムヘッド
第2形態から使用する攻撃端末。下半身から生えた触手が変化したもの。フェイスマスクが展開して牙となり、噛みつき攻撃の他に口から火炎放射やビームを発射する。
デビルフィンガー
最終形態から使用する。両肩の装甲から展開される大型の爪。
メガデビルフラッシュ
頭部や胸部から発射する高出力ビーム。

対決・名場面[編集]

関連機体[編集]

原型機[編集]

アルティメットガンダム
デビルガンダム本来の姿。

配下 [編集]

マスターガンダム
デビルガンダム四天王の一機。マスターアジアの精神力によってDG細胞が完全に制御されている。
ガンダムヘブンズソード
デビルガンダム四天王の一機。空中戦を得意とする鳥型の機体。
グランドガンダム
デビルガンダム四天王の一機。陸戦を得意とする大型機。
ウォルターガンダム
デビルガンダム四天王の一機。水中戦を得意とし、球状の外郭を持つ。
グランドマスターガンダム
デビル四天王合体MF。デビルコロニーの動力炉がDG細胞で変容した機体。
ガンダムヘッド
デビルガンダムの本体と接続された触手の先端からガンダムの頭部が生えたデビルガンダムの攻撃端末。
デスアーミー
デビルガンダムが生み出す分身体。三大理論によって無尽蔵に生産され、新宿では自己進化の為にデビルガンダムが吸収している。
デスビースト / デスバーディ / デスネービー / デスバット / デスマスター / デスドラゴン
デスアーミーの各換装形態。

オリジナルバリエーション [編集]

デビルガンダム(SFC版)
スーパーファミコン用ソフト『機動武闘伝Gガンダム』に登場したデビルガンダム。発売当時はまだ本編放送中だったため、下半身がカトキハジメによる新規デザインになっている。武装もオリジナルの物を使用し、ロケットパンチや先端が針になった触手で攻撃を行う。
デビルガンダム(OG)
PS用ソフト『新スーパーロボット大戦』に登場したオリジナル形態。最終形態の各部から触手が生え、背中からガンダムヘッドが突き出た姿をしている。パイロットは『蒼き流星SPTレイズナー』のゴステロ。スーパーロボット大戦シリーズではこれ以降アクシズと融合した「デビルアクシズ」など様々なオリジナル形態が生み出されている。
デビルガンダムJr.
Gジェネシリーズ』のオリジナル機体。『SDガンダム GGENERATION F』が初出。デビルガンダム崩壊後に生き残ったデスアーミーが集合合体・進化することで誕生した。デビルガンダム四天王の能力を持つ「四天王ビット」による攻撃を行う。
デビル・ハイロゥ
PSP用ソフト『SDガンダム GGENERATION OVER WORLD』に登場。ウォン・ユンファの手により、エンジェル・ハイロゥと融合したデビルガンダム。エンジェル・ハイロゥのキーブロックからデビルコロニーのガンダム部が生えたような外見をしている。全長はエンジェル・ハイロゥの約130kmを大幅に上回る180kmを誇る。

その他 [編集]

ミナレットガンダム / ゼウスガンダム
本機によって直接DG細胞に感染させられた描写のある機体。
シャイニングガンダム / ライジングガンダム
一部設計を共有する兄弟機。

余談[編集]

  • フィギュア「MOBILE SUIT IN ACTION!!」の本機のキットにはオリジナル設定として人型の下半身が付属。差し替えによってシャイニングガンダムに似たMF形態にする事が可能になっている。

商品情報[編集]

ガンプラ[編集]

フィギュア [編集]

資料リンク [編集]

リンク[編集]

脚注[編集]

  1. ガンダムファイトは一年という長期に渡り開催され、その間に損傷を受けた機体を修理しながらファイトを継続する必要があった。
  2. ネオジャパンもギアナ高地に回収部隊を送ったが、消息を絶っている。
  3. そのため、上記『GBF』で一方的に倒された事への復讐に見えなくもない。