ライゾウ・カッシュ

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
ライゾウ・カッシュ
外国語表記 Raizo Kasshu
登場作品 機動武闘伝Gガンダム
声優 有本欽隆
テンプレートを表示
プロフィール
種族 人間
性別
出身 ネオジャパン
職業 科学者
所属 ネオジャパン
テンプレートを表示

概要 [編集]

ネオジャパンの科学者であり、ドモン・カッシュの父親。

キョウジ・カッシュと共にアルティメットガンダムを開発したが、ウルベ・イシカワの陰謀により同機はデビルガンダムと化し、その罪を問われて冷凍刑となっていた。本来、アルティメットガンダムは素材となるアルティメット細胞の「自己再生」「自己増殖」「自己進化」の三大理論を平和利用のために役立てるべく開発されたものだった。

しかし、その優れた発明を軍事転用しようともくろんだウルベによって全てを台無しにされ、心の内に自身への嫉妬心を秘めていた友人の身嘉村博士との友情も壊されてしまう。物語開始1年前に起きたアルティメットガンダム強奪未遂事件の際、やむを得ずキョウジにアルティメットガンダムを託して地球に降下させるが、自身は弁明の機会すら与えられず極刑に処せられた。

終盤、ウルベの陰謀が暴かれたことにより冷凍刑を解かれ、ドモン達に協力することになる。 死に瀕したミカムラ博士の口から真実と贖罪の言葉が聞かれたが、それに対して、ただ「彼は長年の親友だった」と許し、「ただただ一瞬の気の迷いをウルベ・イシカワに利用されただけだ」と、自らを陥れたかつての友人を信じ続けた。

登場作品と役柄[編集]

機動武闘伝Gガンダム
初登場作品。第6話以降、ドモンの回想シーンなどに登場している。その後、第47話でミカムラ博士の身を挺した働きによって冷凍睡眠カプセルがウルベの下から開放され、続く第48話で回収されたゴルビーIIの中で遂に覚醒を果たし、最終形態となったデビルガンダムと対峙するドモンに父親として的確なアドバイスを送った。
ガンダムビルドファイターズ
第23話にカッシュ家に似た4人家族が登場。それぞれがドモンが幼少期の頃の風貌で、一家団欒で「HGFC 1/144 ゴッドガンダム」と「HGFC 1/144 ガンダムシュピーゲル」を組み立てていた。

人間関係[編集]

家族 [編集]

ドモン・カッシュ
次男。マスターアジアに師事して家を出ることに妻は不安を口にしていたが、快く送り出した。
キョウジ・カッシュ
長男。優れた頭脳と卓越した洞察力を持った良き助手としても非常に信頼しており、アルティメットガンダムの開発に大きく貢献した。

ネオジャパン[編集]

ミカムラ博士
友人。自身に嫉妬した彼に陥れられることになるが、最終的に改心した彼によって冷凍刑から開放される事となる。
ウルベ・イシカワ
デビルガンダム事件の首謀者の1人であり、ミカムラ博士と共にライゾウを陥れた人物。ライゾウに事件の濡れ衣を着させ冷凍刑に処した。

名台詞[編集]

搭乗機体・関連機体[編集]

アルティメットガンダム(デビルガンダム
キョウジと共に開発した機体。

商品情報[編集]

リンク[編集]