ガンダムAGEIIマグナム

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

AGE-IIMG ガンダムAGEIIマグナム (Gundam AGEII Magnum)[編集]

クジョウ・キョウヤが製作したガンプラ。『機動戦士ガンダムAGE』に登場するモビルスーツガンダムAGE-2 ノーマル」をベースとしており、「キョウヤの高レベルなバトルスタイルに対応できる高性能機」というコンセプトの下に改造されている。
どんな状況・姿勢であっても瞬時に攻撃が行えるようシールドやウイングにも攻撃能力を付与した超攻撃型とも言うべき特性を有している。また高速飛行形態への変形機構も残されており、本機では「フェニックスモード」と呼称される。基本構造も強化され、キョウヤの高い技量と相まってチャンピオンの機体に相応しい完成度を誇っている。

偽装用のアウターパーツも存在し、こちらはガンダムAGE-2 ノーマルダークハウンド風に改造したとされ変形も可能。外見はダークハウンドとよく似ているように思えるが、実際には両肩はノーマルと同様の4枚の可変翼のままで頭部のバイザーが左目に装着されているなど異なる部分も多い。

登場作品と操縦者[編集]

ガンダムビルドダイバーズ
ダイバーはクジョウ・キョウヤ
ガンプラフォーストーナメントにおいてロンメルグリモアレッドベレーと互角の戦いを繰り広げ、マスダイバー達やバグで暴走したデビルガンダムを相手にした際もこれを圧倒する活躍を見せた。有志連合によるマスダイバーとの戦いでもブレイクデカールで強化されたプロヴィデンスガンダムを撃破している。その後、ロータスチャレンジに挑戦するも後一歩のところで時間切れで敗退した。

装備・機能[編集]

特殊機能[編集]

変形
フェニックスモードに変形可能。
アウターパーツを装着したままでも変形可能。

武装・必殺攻撃[編集]

ハイパードッズライフルマグナム
ハイパードッズライフルをベースとした大型ビームライフル。ドリル状に回転させたビームを発射する事で高い破壊力を実現している点は同様だが、こちらは一射ごとの充填エネルギーを増量させる改良を加えた事で更に強力な火器へと生まれ変わっている。不使用時にはリアスカートに装着される。
フェニックスモード時には機首部を構成し、ガンダムAGE-2と違って頭部がほぼ完全に隠れるようになっている。またこの状態ではパワーバイパスが本体直結式になるのでMS形態時よりも火力が向上するが、消費エネルギー量も増大する。
ビームサーベル
リアスカートに2本格納されている格闘兵装。ベース機の物と特に違いは見受けられないが、後端部からビーム刃を形成できるかどうかは不明。
シグルシールド
主に左腕部に装着される実体盾。単なる防御兵装ではなく、先端部から中央部までの半分がブレードで構成されている事から大型実体剣としても使える。更に防御と同時に相手を攻撃するというような芸当も難なくこなせる。
フェニックスモード時にはハイパードッズライフルマグナムの後部に装着される。偽装時にはブレード部にアウターパーツを装着しており、実体剣としては使用不可と思われる。
Fファンネル
両肩部に2基ずつ、計4基を装着している。ガンダムAGE-FXのCファンネルを基に考案され、通常はウイングとなっているが、機体から分離させる事で無線式の誘導兵器としても機能するようになる(フェニックスモード時でも使用可能)。先端部にはブレードが組み込まれ、敵機に様々な方向から突撃して切断するオールレンジ攻撃を繰り出す。また分離中はAGE-IIマグナムを中心とした編隊行動ができ、単独でのフォーメーション攻撃が可能。グリップも存在しているので、手に持って通常の実体剣として使う事もできる。4基を組み合わせれば、即席のシールドにもなる。
偽装時にはブレード部にアウターパーツを装着しており、ファンネルとしては使用不可と思われる。
EXカリバー
シグルシールドにFファンネルを集約し、形成させる光の剣。本機の必殺技と思われる。
その威力は凄まじく、デビルガンダムを一刀両断する程である。
ドッズランサー
ハイパードッズライフルマグナムの銃身部にランスを装着した状態。偽装時の武装。
ドッズガン
ドッズランサーに2門内蔵されている小型ビーム砲。
アンカーショット
偽装時、両肩の可変翼の間に装着されている。ダークハウンドのように電流を流したり、高速回転させてシールドに転用したりできるかどうかは不明。

対決・名場面[編集]

関連機体[編集]

ガンダムAGEIIマグナム (SV ver.)
追加武装を施した決戦仕様機。
ガンダムAGE-2 ノーマル
ベース機。キットは「HG GUNDAM AGE ガンダムAGE-2 ノーマル」を使用していると思われる。
ガンダムAGE-FX
Fファンネルはこの機体のCファンネルから着想したとされている。FXバーストに関しても、上記のSV ver.が搭載するFXプロージョンのベースに用いられている。
ガンダムAGE-2 ダークハウンド
アウターパーツのベースとなった機体。ちなみにデザイナーの海老川氏によると、頭部パーツは「MG ガンダムAGE-2 ダークハウンド」の物が使われていて、若干大きめになっている。

商品情報[編集]

リンク[編集]