ネロスガンダム

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
ネロスガンダム
外国語表記 Neros Gundam
登場作品 機動武闘伝Gガンダム
デザイン 大河原邦男
テンプレートを表示
スペック
分類 第13回ガンダムファイト大会用モビルファイター
型式番号 GF13-055NI[1]
頭頂高 16.2m
重量 7.0t
装甲材質
開発組織 ネオイタリア
所属 ネオイタリア
ガンダムファイター ミケロ・チャリオット
テンプレートを表示

概要[編集]

第13回ガンダムファイトのネオイタリア代表のモビルファイター。古代ローマ時代の闘士のような姿をしている。ファイターの戦闘スタイルに合わせた設計が成されており、脚部にビーム砲が内蔵されている。ガンダムヘブンズソードの擬態状態としても登場する。

登場作品と操縦者[編集]

機動武闘伝Gガンダム

装備・機能[編集]

特殊機能[編集]

分離
コア・ランダーを分離可能。

武装[編集]

バルカン砲
頭部に2門内蔵されている機関砲。
ビームキャノン
両肩部に2門内蔵されているビーム砲。
クロー
両腕部に内蔵されている。
サテリコンビーム砲
両脚部に内蔵された8連装のビーム砲。必殺技の際に使用する。

必殺技[編集]

銀色の足
サテリコンビーム砲から放つビーム。攻撃範囲は広いが、威力はそこまでない。
虹色の足
上記の技がパワーアップしたもの。ヘブンズソード擬態時に使用。

対決・名場面[編集]

関連機体[編集]

ガンダムヘブンズソード
DG細胞によって変貌した姿。

商品情報[編集]

脚注[編集]

  1. 正しくは大会の登録番号。

リンク[編集]