ボルトガンダム

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

GF13-013NR ボルトガンダム(Bolt Gundam)[編集]

概要[編集]

第13回ガンダムファイトのネオロシア代表モビルファイター。重装甲の機体で兵器を彷彿とさせるフォルムだが、頭部はコサックを模している部分があり自国の特徴を表している。この機体にはネオロシアが非公式に捕獲したモビルファイターの技術が多数流用されている。その中でも特筆すべき物は「ビクトルエンジン」と呼ばれる独立駆動機関が機体各部に搭載されていることである。この機関により高い出力と機動力を両立できているが、重装甲ゆえに動きは若干遅い。また、アルゴの精神が明鏡止水に達した際には機体が金色に輝く。

登場作品と操縦者[編集]

機動武闘伝Gガンダム
超級!機動武闘伝Gガンダム

装備・機能[編集]

武装[編集]

バルカン砲
頭部の左右に2門ずつ、計4門内臓されている。
グラビトン・ハンマー
本機の主武装。左肩部から射出した鉄球を、腕部に内臓されているグリップから発するビームチェーンで捉え相手に叩きつける。機体のパワーも相まって正面から防ぐのはほぼ不可能である。

必殺技[編集]

炸裂ガイアクラッシャー
ギアナ高地での修行で会得した必殺技。本機のパワーを生かした技で地面に拳を打ち付け、大地を隆起させる。隆起した大地は巨大な針山のようになり、相手にダメージを与えつつ拘束できる。ただし機体自体に負担が掛かる。
零距離ガイアクラッシャー
隆起した大地を掻い潜って懐に飛び込んできた相手を、ガイアクラッシャーの圧倒的なエネルギーを込めた両拳で挟み潰す必殺技。ガイアクラッシャーの真髄と言える技である。

対決・名場面[編集]

関連機体[編集]

ガンダムボルトクラッシュ
『超級!』で用意された決勝大会用の後継機。
ボルトガンダム (DG細胞侵食)
『超級!』で登場。本機がDG細胞に浸食され変貌した姿。

商品情報[編集]

リンク[編集]