ハーフゼータ

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
ハーフゼータ
外国語表記 Half Zeta
登場作品 機動戦士ゼータガンダム1/2
デザイナー 長谷川裕一
テンプレートを表示
スペック
分類 試作型可変モビルスーツ
主動力 熱核融合炉
開発組織 アナハイム・エレクトロニクス社
所属 カラバ (エゥーゴ)
主なパイロット エドガー・エドモンド・スミス
テンプレートを表示

概要[編集 | ソースを編集]

カラバが、アナハイム・エレクトロニクス社から譲渡された可変モビルスーツの実験機を改装した機体。Ζガンダムに似た外見だが、あくまで外装を似せた機体である為、直接的な関連は無い。

最大の特徴として巨大な飛行ユニット兼シールドを有し、飛行機能をシールドに集約・搭載したことでモビルスーツ本体の変形を簡易なものにしている。だが、シールドが巨大すぎてモビルスーツ形態ではデッドウェイトになり、飛行機能がシールドに依存しているため被弾しすぎると飛行できなくなるといった欠点を持った失敗作となった。唯一の長所と言えるのは、シールドを振り回すために凄まじい腕力を持っている点である。

かなりアンバランスな機体で、そのせいか総合性能はあまり高くはなく、所属していた艦のメカニックマンからも「ネモの方がマシ」と言われる程であった。

なお、機体名の「ハーフゼータ」は前述した外見からエドガー・エドモンド・スミスが名づけた愛称のようなもので、正式名称や型式番号は不明。また、一部形状が百式と似ている事から、関連性が疑われているという。

登場作品と操縦者[編集 | ソースを編集]

機動戦士ゼータガンダム1/2
パイロットはエドガー・エドモンド・スミス
ティターンズに捕らえられたアムロ・レイの影武者の女性を救出すべく、基地を強襲。大破しつつも追撃してきたハイザック部隊を撃破している。その後、宇宙に上がってティターンズの補給艦隊を攻撃し、その艦の一隻に搭載されていたアモン・ドッグとも交戦。限界性能を引き出してこれを撃破している(性能のアンバランスさも功を奏したようである)。
また、エゥーゴを騙る荒くれ者達に襲われていたウモン・サモンやエドガーを探していたシシリア・マディンらを助けている(エドガーとシシリアは互いの存在に気づいていなかったが)。

装備・機能[編集 | ソースを編集]

特殊機能[編集 | ソースを編集]

変形
飛行形態に変形可能。シールドに飛行機能を集約している為、モビルスーツ本体の変形は簡易的な物に留まっている。

武装・必殺攻撃[編集 | ソースを編集]

バルカン砲
頭部に左右一対2門内蔵されている機関砲。
ビーム・サーベル
両腰部に計2基装備されている近接武装。
マシンガン
シールドに2挺装備される本機の主兵装。シールドから取り外しての運用は元より、飛行形態でも使用可能。シールドをパイルバンカーで固定し、固定砲台の様に用いる事も出来た。
シールド
本機の最大の特徴とも言える装備。装甲はかなり厚く、大型なので有効防御面もかなり広い。飛行形態時には機首部や主翼を形成し、スラスターも内蔵した事で可変機構の簡略化に成功している。しかし、そのせいで被弾しすぎると異常が発生して飛べなくなるという本末転倒な欠点を抱えてしまい、本機が「失敗作」とされている所以となった。
パイルバンカー
シールドの先端部に1基内蔵されている。シールドを固定し銃架として使用する装備だが、以外に強力な打突武装としても使用可能。
ビーム砲
シールドの先端部に1門内蔵されている。

対決・名場面[編集 | ソースを編集]

関連機体[編集 | ソースを編集]

Ζガンダム
外装はこの機体に似せている。
百式
一部パーツの形状が似ている事から関連性が疑われている。
リ・ガズィ
可変機構のコンセプトがバックウェポンシステムと似る。ただし、技術的継承があったかは不明。

リンク[編集 | ソースを編集]