ガンプ

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
ガンプ
外国語表記 Gump
登場作品
デザイナー 長谷川裕一
テンプレートを表示
スペック
分類 現地改修型モビルスーツ
全高 20m程度
主動力 熱核融合炉
改修 グレイ・ストーク
所属 木星船団公社
主なパイロット グレイ・ストーク
テンプレートを表示

概要[編集]

木星ヘリウム輸送船団のリーダーである「木星じいさん」ことグレイ・ストークが搭乗するモビルスーツ。彼によると『プロジェクト・エクソダス』の時点で60年間使用しているようだ。

もはや原型となった機体は判別不能であるが、機体サイズからグリプス戦役時に開発された機体が元となっていると推測されている。小型機の規格パーツはほとんど合わないためかなりの努力と工夫で改修されており、左右非対称の機体となっている。主にジャンクパーツで改修されているため、フロントアーマーにはドーベン・ウルフの踵パーツが使われていたりする。元となった機体の面影が完全にないわけではなく、頭部のセンサーカバーの下にはΖΖガンダムに酷似した頭部が隠されており、ビーム・ライフルやバックパックの形状もΖΖガンダムの物と似ている。『スカルハート』時点では両脚部とも同じ物であったが、作中で右脚部が破壊されたため、時系列的に後となる『プロジェクト・エクソダス』では右脚部がマシンガンが内蔵された別物となっている。旧式ではあるが木星帝国軍のモビルスーツに引けを取らない程度の性能を誇る。だが、さすがにザンスカール帝国製の機体には翻弄されている。

頭部形状がΖΖガンダムに酷似しているが、ΖΖガンダムはハマーン・カーンとの最終決戦で大破したため同一の機体ではありえないとされている。しかし、ΖΖガンダムはΖΖ-GRを経て個人の手で元の状態に修復され木星船団公社に参加しているため、本機の元である可能性もある。別の候補としては同時期に開発された試作タイプの再構成か、メガゼータだと言われている。

登場作品と操縦者[編集]

機動戦士Vガンダム プロジェクト・エクソダス
初登場作品。ザンスカール帝国軍との戦闘でハイ・メガ・キャノンを使用し自壊してしまうが、コックピットブロックは脱出に成功している。
機動戦士クロスボーン・ガンダム スカルハート
時系列的には過去に位置する。木星帝国残党の討伐に加わり互角以上に立ち回るが、クロスボーン・ガンダムX1改・改をかばい脚部を破壊されている。

装備・機能[編集]

武装・必殺攻撃[編集]

ビーム・ライフル
右腕部に固定装備される2連装のビーム・ライフル。ΖΖガンダムが装備していたダブル・ビーム・ライフルに酷似している。
破砕プライヤー
左腕部の武装。左腕を置き換える形で装備している。
グレネード・ランチャー
両腰部に2発ずつの計4発装備されている。
バズーカ砲
『プロジェクト・エクソダス』にて装備していた。
マシンガン
『プロジェクト・エクソダス』で右脚部に内蔵されているマシンガン。
ハイメガキャノン
頭部に内蔵されているビーム砲。通常はセンサーカバーに覆われている。経年劣化により出力が低下している。
バルカン砲
頭部にそれらしきものが2門存在する。同じく通常はセンサーカバーで覆われている。

対決・名場面[編集]

アマクサ

関連機体[編集]

ΖΖガンダム / メガゼータ
原型機?
ドーベン・ウルフ
本機のフロントアーマーはこの機体の踵パーツである。

商品情報[編集]

リンク[編集]