アマクサ

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
アマクサ
外国語表記 Amakusa
登場作品
デザイン 長谷川裕一
テンプレートを表示
スペック
別名 ジュピター・ガンダム
頭頂高 不明(18m級)
主動力 熱核融合炉
開発組織 木星帝国
所属 木星帝国
主なパイロット

バイオ脳(無人機仕様)

木星帝国兵(有人機仕様)
テンプレートを表示

概要[編集]

木星帝国木星戦役時に入手したクロスボーン・ガンダムX2のデータを基に、その再現を試みようと秘密裏に開発した試作型モビルスーツ。「ジュピター・ガンダム」とも呼ばれる。

クロスボーン・ガンダムの高い機動力を全身に大型スラスターを内蔵することで再現したが、木星軍の技術力の低さが災いし、逆に機体が大型化してこの当時としては18m級の大型モビルスーツクラスとなった。クロスボーン・ガンダムと比べても、背部スラスターが2本減少し、代わりに大腿部へのスラスターの集中配置が行われている。しかし、反応速度や機動力は小型のクロスボーン・ガンダムを上回っており、その総合スペックの高さから新たに開発されたバイオ脳用の機体として採用された。頭部にはTの字型のモノアイレールが設けられており、戦闘時にガンダムフェイス型のバイザーを下ろす事でガンダムタイプに類似した頭部形状となる。

アムロ・レイの戦闘データを複数のバイオ脳に学習させ、その内、戦闘パターンの習得に成功したバイオ脳の一つを本機に接続することで、最強のニュータイプパイロットであるアムロの反応速度を再現しており、その戦闘力は海賊軍のベテランパイロットですら一瞬で撃墜される程である。しかし、本機はトビア・アロナクスクロスボーン・ガンダムにより撃墜。バイオ脳も同時に失われた。

その後、基本性能の良さから一般兵士用に量産された。

機体名は日本の徳川時代における代表的なキリシタン「天草四郎」の名から取られていると思われる。しかし製作者が本機にこの名を冠した真意については不明のままとなっている。

登場作品と操縦者[編集]

機動戦士クロスボーン・ガンダム スカルハート
初登場作品。「最終兵士」で登場し、グレイ・ストークの依頼を受けて帝国基地へと潜入してきたトビア達の前に突如として現れ、17秒でフリントを3機撃墜しただけでなくスカルハートの手持ち武器も一瞬で破壊した。驚異的な反応速度はトビアを苦戦させるも、機転により撃墜することに成功する。
機動戦士クロスボーン・ガンダム 鋼鉄の7人
第2話から登場。影のカリスト直属の部隊として20機ほどが配備されたが、一般兵士ではその性能を引き出すことはできずにレコードブレイカーの機動力に翻弄された。

装備・機能[編集]

特殊機能[編集]

分離
上半身と下半身を分離して胴体に格納されたバイオ脳のみを脱出させる事が可能。一般兵士用の機体にもこの機構が採用されているかは不明。

武装・必殺攻撃[編集]

ビームライフル
機体サイズに合わせて開発された専用の大型ビームライフル。
ビームサーベル
背部のバックパックに2本装備。
シールド
バイオ脳搭載機が装備。実体式の携帯シールド。
シールドクロー
シールドの先端部に装備されているスパイク付のクロー。
ハイパーハンマー
シールドを折り畳む事でハンマーへと変更可能。アムロ・レイのパイロットデータに合わせた武装とも言われている。
ビームシールド
一般機が装備。帯状に展開するビームシールド。一般兵士用にハンマーは不必要で、この当時の通常の盾であるビームシールドへ変更した。

対決・名場面など[編集]

クロスボーン・ガンダムX1改・改ガンプ
『スカルハート』より。木星帝国残党の最終兵士開発を阻止するべく小惑星基地へと侵入するトビア達だったが時既に遅く、起動したアマクサがトビア達に牙を剥く。一瞬にして2機のフリントが撃墜したアマクサはスカルハートが放ったピーコック・スマッシャーのランダムシュートをも回避。トビアの反応速度を遥かに上回る力を発揮し、トビア達を絶体絶命の危機に陥れる。
しかし、この強敵が木星帝国残党の手に渡る事態を危惧するトビアと、かつて憧れていたアムロの記録が利用されることを放っておけないグレイ・ストークは、「どんなニュータイプでも初めて見た武器は反応が遅れる」というトビアの推察に賭けた作戦に出る。
アマクサが左腕のハンマーでガンプ目掛けて攻撃を仕掛けると、トビアはスカルハートのシザー・アンカーでハンマーのチェーンに絡ませてその機動を反転。想定外の攻撃に対応が一瞬遅れたアマクサはハンマーの直撃で上半身を失った。バイオ脳は脱出し宇宙へと逃れるが、損傷が激しくやがて機能を停止する。
その直後、トビア達は崩壊した木星帝国基地に閉じ込められるが、バイオ脳が道標を示して、辛くもトビア達は窮地を逃れた。

関連機体[編集]

クロスボーン・ガンダムX2
この機体の再現のために本機が開発された。
コルニグス
開発の際に本機の運用データが用いられている。
ファントム
本機とレコードブレイカーの設計データを掛け合わせた機体。
ジュピターヴガンダム
本機と同様、「木星」の名を冠するガンダム。

商品情報[編集]

書籍 [編集]

リンク[編集]