レコードブレイカー

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
レコードブレイカー
外国語表記 Record Breaker
登場作品 機動戦士クロスボーン・ガンダム 鋼鉄の7人
デザイナー 長谷川裕一
テンプレートを表示
スペック
分類 実験用試作型モビルスーツ
型式番号 F99
主動力 熱核融合炉
装甲材質 ガンダリウム合金ハイセラミック複合材
開発組織 サナリィ
所属 サナリィ
主なパイロット
テンプレートを表示

概要[編集]

サナリィ木星戦役後に開発した試作型モビルスーツミノフスキードライブを装備した実験機であり、完全な完成品と言うには程遠いが、これにより、同世代のMSを大きく引き離す運動性能、速度、航続距離を持ち、理論上は機体速度を限りなく光速に近づける事も出来る[1]

レコードブレイカーはミノフスキードライブの実験機としての意味合いが強く、それ以外の部分についてはあまり革新的な技術は用いられていない。そのフレームもF97及びフリントと75%が同一[2]。また、固有の固定武装は持たず、あまり戦闘に秀でた機体ではなかったと言える。

本機が開発された理由については、本来サナリィが地球連邦軍に売り込む筈であったフリントが、木星戦役でクロスボーン・バンガードによって運用され、海賊軍とサナリィとの関係が露呈するのを恐れたサナリィがこれを不採用とした事に始まり、フリントに代わる次期主力MSとして同社の威信をかけて開発され、連邦軍に提出する際にはガンダムタイプの物に変更する事が予定されていた。

試作体として3機がロールアウトし、サナリィ第2月面開発実験所でテストが行われたが、木星帝国から「神の雷計画」の妨害が可能な機体として襲撃を受ける。戦闘により2機が撃墜され、残る1機もドライブを破壊され再起不能となり、工場に保管されていた機体データや専用パーツも破壊された事により、開発の続行は断念された。

なお、ミノフスキードライブによって地球木星の間を約一週間(150時間程度)で到達することが理論上可能と言われているが、「ゼウスの雷計画」を阻止するためには専用の居住パックやエネルギーパックなどが必要となり、トビア・アロナクスがこの機体による作戦阻止を考案した際にはミノル・スズキから「不可能」と断言された。

登場作品と操縦者[編集]

機動戦士クロスボーン・ガンダム 鋼鉄の7人
月面基地を襲撃する木星帝国のモビルスーツ・アマクサを3人一体の連携プレーで一蹴するも、影のカリスト搭乗のコルニグスの性能と技量差によりヨンが先に撃墜された。残るユリシーズとミッチェルが2機でコルニグスと戦うが、ユリシーズのF99は岩石落とし戦法の隙を付かれて撃墜、残るミッチェル機はトビアのスカルハートに庇われるが、メガ粒子砲を受けてミノフスキードライブを損傷し、使用不可能となった。
ガンダムビルドダイバーズRe:RISE
第26話(最終話)の1シーンに後ろ姿で登場。腕部にビーム・シールドが増設されている。この作品が初映像化となった。

装備・機能[編集]

特殊機能[編集]

ミノフスキードライブ
背部にX字に4基装備されている新型の推進システム。ミノフスキー粒子の力場を衝突させ、その反発力で推進力を発生させる。これによってレコードブレイカーは同世代の機体以上の運動性、速度、航続距離を実現している。

武装・必殺攻撃[編集]

改良型ザンバスター
ビーム・ザンバーと銃身部を結合させたビーム・ライフルフリントの物と同一。
ビーム・ザンバー
ザンバスターのグリップ部を構成する大型ビーム・サーベルクロスボーン・ガンダムと同一の物。

対決・名場面[編集]

関連機体[編集]

フリント / クロスボーン・ガンダム
ベース機。この機体と75%のパーツを共有している。
ガンダムF90
Wタイプの技術が本機に使用されているとする資料もある。
ファントム
木星共和国が奪取した本機のデータとアマクサを掛け合わせて開発した機体。
V2ガンダム
ミノフスキードライブ搭載型モビルスーツで、20年後に再開発に成功。しかし、生産コストは倍以上となり量産には適さない。
Rガンダム
ガシャポン「SDRシリーズ」の第8~21弾「SDR-Vシリーズ」にて登場するSDガンダム。型番が「F99R」で、本機と一部重複している。

リンク[編集]

脚注[編集]

  1. エネルギー供給が続き、機体が耐えられればという前提はある。
  2. 海賊軍残党が補給を受けられたのも、この機体の存在があってこそであった。