プロトタイプΖΖガンダム

提供: ガンダムWiki
Jump to navigation Jump to search
プロトタイプΖΖガンダム
外国語表記 Prototype Double-Zeta Gundam
登場作品 M-MSV
デザイン 大河原邦男
テンプレートを表示
スペック
分類 試作型可変モビルスーツ
型式番号 MSZ-009
頭頂高 19.02m
本体重量 29.5t
全備重量 60.3t
主動力 熱核融合炉
ジェネレーター出力 3,140kW
スラスター総推力 100,300kg
装甲材質 ガンダリウム合金
センサー有効半径 15,480m
開発組織 アナハイム・エレクトロニクス社
所属 エゥーゴ
主なパイロット
テンプレートを表示

概要[編集]

アナハイム・エレクトロニクス社が開発したΖΖガンダムのプロトタイプ。ΖΖガンダムの機構をテストするために開発された機体である。

この時点ではコア・ブロック・システムは採用されておらず、上半身を構成するGトップ0型、下半身を構成するGベース0型の2機で合体・分離を行うようになっている。だが、脱出ポッドの信頼性に問題があり、コア・ファイターを搭載したコア・ブロック・システムが完成機では採用されることとなった。上半身と下半身にはそれぞれジェネレーターが搭載されているが、ジェネレーター出力が十分でないと判明している。本機はあくまで機構をテストするための機体であるため武装は背部のビーム・キャノンのみであり、携行武装は用意されていない。機構テストを終えた本機は武装のテストを行うために、新型ジェネレーターを搭載したプロトタイプΖΖガンダムB型となった。

登場作品と操縦者[編集]

M-MSV
出典元。
ガンダムマガジン
No.3掲載の漫画「始動せよ!ΖΖダブルゼータガンダム!!」で登場。アナハイムでテストパイロットであるイブンによってモビルスーツ形態の初の有人テストが行われたが、暴走し制御不能となった。パイロットは救出されたが機体は爆散してしまった。この事故によりコア・ブロック・システムが採用されることとなった。
モビルスーツコレクション・ノベルズ
Act.3「宇宙の咆哮」で登場。アイン・ラベルマイク・シュミットによってテストが行われている途中でティターンズと遭遇し、これと交戦。武装が装備されていない機体のため格闘戦を行い、途中で試作されたダブル・ビーム・ライフルを受け取り使用するが、わずか4発で暴発し右腕部を破損している。友軍機であるネモと協力することで敵部隊を撃破することには成功した。

装備・機能[編集]

特殊機能[編集]

変形
Gフォートレス(Gアーマー)に変形可能。変形するためには一度分離する必要がある。
分離
Gトップ0型、Gベース0型に分離可能。
合体
プロトタイプΖΖガンダムに合体可能。

武装・必殺攻撃[編集]

ビーム・キャノン
バックパックに2門装備されている。
試作ダブル・ビーム・ライフル
試作された2連装メガ・ビーム・ライフル。試作品のためか4発撃っただけで壊れている。

対決・名場面[編集]

関連機体[編集]

プロトタイプΖΖガンダムB型
こちらは武装をテストする機体。
プロトタイプΖΖガンダム (ナイトロ搭載型)
B型の2号機にナイトロ・システムを搭載した機体。
メガゼータ
強化改修機。
ヘッジホッグ
火力と推進力を強化した機体。
ファーヴニル
改修機。当初はギャプランのような偽装装甲を身に纏っていた。
ΖΖガンダム
完成機。

商品情報[編集]

リンク[編集]