プロトタイプΖΖガンダムB型

提供: ガンダムWiki
Jump to navigation Jump to search
プロトタイプΖΖガンダムB型
外国語表記 Prototype Double-Zeta Gundam Type B
登場作品
デザイナー 大河原邦男
テンプレートを表示
スペック
分類 試作型可変モビルスーツ
型式番号 MSZ-009B(MSZ-009-2)
頭頂高 19.02m
本体重量 31.7t
全備重量 63.0t
主動力 熱核融合炉
ジェネレーター出力 7,200kW
スラスター総推力 100,300kg
装甲材質 ガンダリウム合金
センサー有効半径 15,480m
開発組織 アナハイム・エレクトロニクス社
所属 エゥーゴ
主なパイロット ラルフ・マクダウェル
テンプレートを表示

概要[編集]

アナハイム・エレクトロニクス社が開発した試作型可変モビルスーツ。「2型」とも呼ばれる。こちらは武装のテストを行った。

各種試験を終えたプロトタイプΖΖガンダムに新型のジェネレーターを搭載し、武装を装備した機体。試作型のハイ・メガ・キャノンやダブル・ビーム・ライフル、ハイパー・ビーム・サーベルが装備されている。

本機の完成機がグリプス戦役時代に投入される予定だったが、これらの高出力武装の開発が遅延したため第一次ネオ・ジオン抗争に投入されることとなった。

『ΖΖ外伝 悪夢の戦場』にはB型に実戦配備中のΖΖガンダムをデータをフィードバックし、改修したMSZ-009BXが登場している。股間部に機首があり、ダブル・ビーム・ライフル無しで変形が可能となっている。ちなみにこの機体の型式番号はプロトタイプΖΖガンダム (ナイトロ搭載型)と同じだが、両機の関係性は不明。

登場作品と操縦者[編集]

M-MSV
出典元。
機動戦士ガンダムΖΖ外伝 悪夢の戦場
型式番号がMSZ-009BXとなった機体が登場。パイロットはラルフ・マクダウェル。月の裏側の試験演習場で各種試験を行っている途中で、行方不明となっていたジムIIハイザックフルアーマー百式改と交戦。撃破するが、これらの機体は無人であった。さらにフレーム状態で廃棄されたはずのプロトタイプサイコガンダム大型化試作機と交戦。両腕を破壊されるがハイ・メガ・キャノンで撃破した。

装備・機能[編集]

特殊機能[編集]

変形
Gフォートレスに変形可能。変形するためには一度分離する必要がある。
分離
Gトップ0型、Gベース0型に分離可能。
合体
プロトタイプΖΖガンダムB型に合体する。

武装・必殺攻撃[編集]

ダブル・ビーム・ライフル
正式名称2連装メガ・ビーム・ライフル。メガ・バズーカ・ランチャー並みの威力があると言われており、連射も可能である。本機に装備されている物は試作型である。
ハイパー・ビーム・サーベル
バックパックに2基装備されている。見た目通り高出力である。
ビーム・キャノン
別名ダブル・キャノン。収納状態では2門のビーム・キャノンとして機能する。
ハイ・メガ・キャノン
頭部に内蔵された高出力ビーム砲。コロニーレーザーの20%とも言われる出力であり、一撃で多数の目標を撃破できる火力がある。本機の物は試作品であり、完成機とは形状が異なる。

対決・名場面[編集]

関連機体[編集]

プロトタイプΖΖガンダム
原型機。この機体は変形機構をテストした。
ΖプラスA2型
ハイ・メガ・キャノンの試作型を搭載している機体。
プロトタイプΖΖガンダム (ナイトロ搭載型)
本機の2号機にナイトロを搭載した機体。
メガゼータ
B型をベースとした強化改修機。
ΖΖガンダム
完成機。

商品情報[編集]

リンク[編集]