2018年8月5日(日)のメンテナンスは完了しました。ご協力ありがとうございました。

ハンマ・ハンマ

提供: ガンダムWiki
移動先: 案内検索

AMX-103 ハンマ・ハンマ(Hamma-Hamma)[編集]

概要[編集]

アクシズネオ・ジオン軍)が開発した宇宙用試作型モビルスーツ
有線式のサイコミュを装備し、オールレンジ攻撃を一般兵にも行えるようにする予定だったが、一般人に対応したサイコミュの開発が間に合わず、量産化は見送られた。
機体全身にスラスターを内臓し高機動力を誇るが、その反面武装の威力は低い。その欠点を補うためのオプション装備として、ジェネレーター内蔵のメガ粒子砲付きシールドを開発した。

登場作品と操縦者[編集]

機動戦士ガンダムΖΖ
主なパイロットはマシュマー・セロ。強化前の最後の乗機である。
Ζガンダムの頭を吹き飛ばし、Ζザクの誕生に一役買った。

装備・機能[編集]

武装・必殺攻撃[編集]

腕部ビーム砲
3連装のビーム砲で、ワイヤー状で飛ばすことが可能。ただオールレンジ攻撃は不可能で、まだ試作段階の武器。ニュータイプであれば問題なく使用可能であるらしい。
ビーム・サーベル
シールド裏に2基装備。グリップが伸縮式になっている。資料によってはスカート裏、その他のラッチが収容部に設定されている。
シールド
メガ粒子砲と機雷内蔵の実体盾。
3連装メガ粒子砲
シールドに内蔵。火力不足の欠点を補うため開発された。
機雷(スペース・マイン、ハイド・ボンブ)
シールドに8発内蔵している。

対決・名場面[編集]

ΖガンダムΖΖガンダム
第11話より。戦功を焦るマシュマーは新たに新型シールドを装備。強大な火力を得たマシュマーはΖガンダムを攻め立て、遂に頭部を破壊。ジュドーを危機に陥れる。しかし絶好のチャンスに、ラビアンローズからルーが新型の戦闘機と共に出現。ジュドーのコア・ファイターとドッキングしΖΖガンダムになってしまう。その圧倒的なパワーの前にはシールドの威力も皆無。結局、ΖΖガンダムのダブル・ビーム・ライフルによって、ハンマ・ハンマはシールドを左腕ごと破壊されてしまい、撤退せざるを得なかった。

関連機体[編集]

ジオング
腕部の武装はこの機体の物を改良した物である。
量産型ハンマ・ハンマ
『SDガンダム GGENERATION』シリーズに登場するゲームオリジナル機。本機の量産型。
ローゼン・ズール
本機のコンセプトを引き継いでいる。
ラジャスタン
本機の初期稿時の名称で「胴体が上下に分離するモビルアーマー」という設定だった。放送当時の1/144ガンプラの説明書には「本機の試作機の内1機をバウと同様、分離できるように改修した機体」と設定されている。
メドゥッサ
本機とラジャスタンの発展系であるモビルアーマー。

商品情報[編集]

リンク[編集]