2020年2月5日(水)および2月19日(水)10:00~13:00に、上位プロバイダによるメンテナンスのため、wikiサービスの停止が発生します。ご利用のみなさまには大変ご不便をおかけしますが、ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。

ガンダム+ガンタンクBパーツ

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
ガンダム+ガンタンクBパーツ
登場作品 GUNDAM 0079 THE WAR FOR EARTH
愛称 ガンダムタンク
テンプレートを表示
スペック
分類 汎用試作型モビルスーツ
原型機
上半身(Aパーツ)
ガンダム
下半身(Bパーツ)
ガンタンク
所属組織 地球連邦軍
所属部隊 ホワイトベース隊
主なパイロット ゲーム主人公
テンプレートを表示

概要[編集]

PS用ソフト『GUNDAM 0079 THE WAR FOR EARTH』に登場する、ガンダムのオリジナル形態。大気圏突入前の戦闘で左脚部を損傷したガンダムに対し、応急処置として下半身がガンタンクのBパーツに換装されている。

個別の形態名を持たないため、プレイヤーからは専ら見た目そのままの「ガンダムタンク」で呼称されることがほとんど。

地球への降下後、ジオン軍の対空砲「ソア・キャノン」への攻撃に投入されるが、手前にある廃墟都市を突破した直後に元のBパーツへと換装されている。そのため、出番は非常に短い。

登場作品と操縦者[編集]

GUNDAM 0079 THE WAR FOR EARTH
初登場作品。第3ステージで登場。
MS SAGA
コーナーの1つにガンタンクの運用方法として、ガンダムのBパーツをタンクのBパーツに換装した図と、ガンキャノンのAパーツをタンクのAパーツに換装した図が掲載されている。細かな部分まで精密に描かれており、はっきり言って普通に強そうである。
ガンダムビルドファイターズ
第2話に登場。模型部の棚に他のガンプラと共に展示されていた。なおガンダムと同様、ビーム・ライフル装備になっている。

装備・機能[編集]

※ゲーム中は「敵に遭遇=即撃墜」であるため、下記の武装は一切未使用となっている。

特殊機能[編集]

コアブロックシステム
コア・ファイターを核とし、上下半身のパーツを交換可能にしたシステム。

武装・必殺攻撃[編集]

60mm頭部バルカン砲
頭部左右一対1基ずつ装備。ゲームで一番多用される武装だが、前述した通り未使用。
ハイパー・バズーカ
肩掛け式の単砲身ロケットランチャーでロケット弾を投射する火器。ゲーム中では、砂嵐による視界不良からビーム・ライフルの代わりに装備した。どちらにしろ変わりないのでは…
ビーム・サーベル
バックパックに2本装備。重鈍な本形態では、接近戦は到底見込めないと思われる。
シールド
防御用のシールド。が、敵との遭遇時には一切使用せず、本体に集中砲火を受けている。

迷場面[編集]

即死ゲーが生み出した驚愕のネタ機体
シャア専用ザクIIの攻撃により左脚を破壊されたガンダムに施された処置は、なんと下半身をガンタンクのキャタピラに換装するという、プレイヤーも驚愕の展開だった。ホワイトベース離陸の障害となるソア・キャノンを破壊するべく、手前にある廃墟都市を突破する事になるのだが、ルートを間違えると
1. 地雷を踏んでキャタピラ破壊
2. ガンターレットの集中砲火で即撃墜
3. ミサイル砲台の攻撃で即撃墜
4. マゼラアタック2両の集中砲火で即撃墜
5. ザクII[1]2機に見つかり即撃墜
といった具合に、問答無用で撃墜される。
結局、戦闘することなく都市を突破するのだが、直後に修理が終わったガンダムのBパーツが届くため、本機の出番は走っただけで終わる事となる。最初から修理を待てば良かったのでは……。
なおこのステージではガンキャノンの存在は完全に無視されている。どうしても都市を突破する必要があったとしても、そっちの脚を装備した方が良いだろうに。
とはいえ、その見た目のインパクトと紙装甲は、ネタ機体としてプレイヤーに(同ゲームも含めて)強烈な印象を残すこととなった。

関連機体[編集]

ガンダムガンタンク
ベース機。
ガンダム+Bパーツ (ガンダムMAモード)、ガンダムGダッシュ
本機と同様、Bパーツを別パーツに換装した形態。

商品情報[編集]

ゲームソフト [編集]

リンク[編集]

脚注[編集]

  1. どういう訳か、地上の機体はいずれもMMP-80マシンガンを装備している。