アトラスガンダム

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
アトラスガンダム
外国語表記 Atlus Gundam
登場作品 機動戦士ガンダム サンダーボルト
デザイナー
  • 太田垣康男 (漫画版)
  • カトキハジメ (OVA版)
テンプレートを表示
スペック
分類 水陸両用試作型モビルスーツ
型式番号 RX-78AL
主動力 熱核融合炉
開発組織 アナハイム・エレクトロニクス社
所属組織 地球連邦軍
所属部隊 トラスト部隊
母艦 スパルタン
主なパイロット イオ・フレミング
テンプレートを表示

概要[編集]

一年戦争後に開発された地球連邦軍の水陸両用試作型モビルスーツ。機体名称は「ギリシャ神話」に登場する神「アトラス」を由来としている。

多重構造球体関節や背骨状のフレームなどこれまでの連邦軍には見られなかった機体構造となっている。これはジオン系の技術が使用されているためである。この構造により柔軟な動きが可能となっている。非常に高性能な機体で背部に接続される「サブレッグ」と呼ばれるユニットにより空中戦をある程度可能なほどの推力を有している。脚部にはウォータージェット推進器を内蔵しており、水中内でもジオン軍の水陸両用機に匹敵する機動力を発揮する。また、背部には水中用の推進器を追加することが可能で、より機動力が強化される。

武装はデータ収集も兼ねて試作品を装備しており、強力ではあるが信頼性には少し欠けている物となっている。コックピットは全天周囲モニターが採用されている。また、コアブロックシステムは採用されていないが、脱出機構は搭載されている。

登場作品と操縦者[編集]

機動戦士ガンダム サンダーボルト

装備・機能[編集]

特殊機能[編集]

サブレッグ
機体背面にアームで接続されている重力下専用のフライトユニット。スラスターが内蔵されており、垂直上昇や短時間の大気圏内飛行を可能とする。可動範囲は広く、足にスキーのように装着もできる。武装コンテナやブレードシールドを装備することもできる。

武装・必殺攻撃[編集]

レールガン
本機専用に試作された電磁砲。三本の給電レールによって弾体の誘導・加速が行われる。長距離射撃が可能であり、威力もモビルスーツを一撃で撃破するほどである。水中では武器としては使用できないが、放電時の電磁パルスを利用した簡易的な電磁バリアとなり、魚雷やミサイルを防ぐことが可能。漫画版とアニメ版でデザインが異なる。
アサルトライフル
ブルパップ式の実弾兵装。水中戦でのメイン武装。普段はレールガンのサイドアームとして使用される。未使用時は武装コンテナに収納されている。
グレネード・ランチャー
銃身下部に装備されている。
ビーム・ライフル
本機専用のビーム・ライフル。高出力で水中でも使用可能だが、ビームが収束しきれずに拡散する。
ニードル・ガン
水中用の携行火器。アクア・ジム (サンダーボルト版)等と同じ武装。
ビーム・サーベル
両肩部とビーム・ライフルのアンダーバレルに合計3基装備している。量産機のビーム・サーベルより高出力で、ビーム刃を長く形成することも可能。水中では非常用推進器としても使用可能。
魚雷発射管
背部に追加装備される専用の推進器に搭載されている武装。
ブレードシールド
サブレッグに装着されているシールド。表面に多数のブレードが備えられている。高い耐熱性を持っており、モビルアーマークラスのビームも耐えることができる。これも漫画版とアニメ版でデザインが異なり、アニメ版では中央のブレードが存在していない。
メデューサの矢
ブレードシールドに内蔵されている特殊兵装。ニードル弾を発射し、敵機の命中箇所からゲル状の物質が膨張・硬質化し行動を妨害する。アニメ版でのみ装備。

対決・名場面[編集]

関連機体[編集]

ガンダム
型式番号的には本機もRX-78系列の機体である。
水中型ガンダム
この機体はガンダム風のジム系列の機体である。

商品情報[編集]

ガンプラ[編集]

リンク[編集]