ジム改陸戦型 (サンダーボルト版)

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
ジム改陸戦型 (サンダーボルト版)
外国語表記 GM GroundTypeC
[Thunderbolt Ver.]
登場作品 機動戦士ガンダム サンダーボルト
デザイナー 太田垣康男
テンプレートを表示
スペック
分類 地上用量産型モビルスーツ
型式番号 RGM-79C[G]
主動力 熱核融合炉
開発組織 地球連邦軍
所属組織 地球連邦軍
母艦 スパルタン
主なパイロット
テンプレートを表示

概要[編集]

ジム改 (サンダーボルト版)を陸戦用に改修した機体。

バイザーや肩部、バックパックの形状が変化している。サブフライトシステムのコルベット・ブースターとドッキングすることができ、多少の飛行を可能とする。カラーリングは漫画版では原型機と同じ赤と白だが、アニメ版ではフロート装備と同じ緑と白となっている。

登場作品と操縦者[編集]

機動戦士ガンダム サンダーボルト
スパルタンの艦載機として登場。南洋同盟の初襲撃時には乗機のアトラスガンダムが修理中で使えないイオが予備機に搭乗し、ビアンカの乗るコルベット・ブースターと巧みな連携術を見せた。

装備・機能[編集]

武装・必殺攻撃[編集]

アサルト・ライフル
自動小銃型の携行火器。
グレネード・ランチャー
銃身下部に装着されている。
ビーム・サーベル
装備箇所は不明だが装備している。
ロングレンジ・ビーム・ライフル
長射程・高出力の大型ビーム・ライフル。
ミサイル・ランチャー
装弾数6発で追尾性が高いミサイル・ランチャー。
シールド
十字架マークが特徴のシールド。

対決・名場面[編集]

関連機体[編集]

ジム改 (サンダーボルト版)
原型機。サンダーボルトにおいては本機とフロート装備型のみの登場となっている。
水中型ジム
本機をベースとして水中用に改修した機体。アニメ版でのみの設定で、漫画版の機体であるアクア・ジム (サンダーボルト版)ジム (サンダーボルト版)がベースとなっている。
ジム改陸戦型 (フロート装備)
型式番号と機体名称が同じ機体。この機体は南洋同盟で独自開発された機体。
ジム改陸戦型
宇宙世紀正史における同名の機体。こちらは特殊部隊「シャドウズ」に所属するザルフ・ワッケンの仕様変更機。

商品情報[編集]

リンク[編集]