スパルタン

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
スパルタン
外国語表記 Spartan
登場作品 機動戦士ガンダム サンダーボルト
デザイナー 太田垣康男
テンプレートを表示
スペック
分類 強襲揚陸艦
艦級 ペガサス級
推進機関
カタパルト数 4基
所属 地球連邦軍
戦没 宇宙世紀0080年7月
主な艦長 ビンセント・パイク
テンプレートを表示

概要[編集 | ソースを編集]

地球連邦軍サンダーボルト作戦に投入したペガサス級強襲揚陸艦。艦名は古代ギリシアの都市国家「スパルタ」に由来する。

基本設計は従来のペガサス級をベースとしているが、ブリッジやクラフト板(翼状のパーツ)を収納する大気圏突入形態と、砲塔を展開したフォートレスモードの2つの形態への変形機構が追加されている。また、ライブ会場やトレーニングルーム、バーや教会など艦内設備の充実も特徴の一つと言えた。

従来のペガサス級とは異なり、船首左右のMSデッキ上部には計4隻の揚陸艇が備わっており、MSの展開能力が強化されている。また、揚陸艇も含めてMSを20機以上搭載可能な他、航空機も多数搭載可能と、従来のペガサス級を凌駕するペイロードを誇る。火器も従来艦より多数搭載されており、大気圏再突入を前提としているためか全てが収納式となっている。これらの火器と艦載機の数により、さながら「移動要塞」とも呼べる戦闘力を有する艦となった。

登場作品[編集 | ソースを編集]

機動戦士ガンダム サンダーボルト

装備・機能[編集 | ソースを編集]

特殊機能[編集 | ソースを編集]

ミノフスキークラフト
ミノフスキー粒子の特性を利用し、重力下で艦を浮揚させるシステム。
揚陸艇
船首MSデッキ上部に左右2隻ずつ計4隻搭載されている揚陸艇。1隻につきMSを3機搭載可能。単独での飛行が可能な他、水上航行も可能。1号艇は「クラクス」、2号艇は「ミュレス」、3号艇は「アルガロス」、4号艇は「オレステス」と個別の名称が与えられている。
変形
大気圏突入形態とフォートレスモードへの変形が可能。大気圏突入時には艦橋やクラフト板、武装等が収納されさながら輸送艦のような姿になる。

武装・必殺攻撃[編集 | ソースを編集]

連装メガ粒子砲
主砲。艦橋前部に1基、MSデッキ左右側面に4基ずつ計9基搭載されている。
単砲メガ粒子砲
副砲。艦橋前部左右に2門ずつ下部左右に2門ずつの計8門搭載されている。
対空砲
船体各所に装備されている対空機銃。揚陸艇上部にも6門装備されている。
ミサイルランチャー
船体各所に内蔵されているミサイルランチャー。

搭乗員[編集 | ソースを編集]

ビンセント・パイク
艦長。
メグ・リーム / トビー / ヒロセ / ジャクソン
オペレーター。
コーネリアス・カカ / チバ
メカニック。
マリー
一号艇クラクス艇長。
モニカ・ハンフリー
サンダーボルト作戦最高司令官。
ジョシュ / 大月
モニカの付き人。
リリー・シェリーナ / イース・シェリーナ
強化人間の諜報員。
イオ・フレミング / ビアンカ・カーライル / アリシア
マーカス / オルフェ / デント / カロリーナ・クルコヴァ
MSパイロット。
グリード / ソニア
戦車兵。
バークレー
航空機パイロット。

艦載機[編集 | ソースを編集]

対決・名場面[編集 | ソースを編集]

関連艦[編集 | ソースを編集]

ペガサス級
他のペガサス級。

リンク[編集 | ソースを編集]