ガンタンク (サンダーボルト版)

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
ガンタンク (サンダーボルト版)
外国語表記 Guntank [Thunderbolt Ver.]
登場作品
デザイナー 太田垣康男
テンプレートを表示
スペック
分類 長距離支援用量産型モビルスーツ
型式番号 RX-75
主動力 熱核融合炉
開発組織 地球連邦軍
所属 地球連邦軍
乗員人数 2名
主なパイロット
テンプレートを表示

概要[編集]

地球連邦軍の量産型モビルスーツ。モビルスーツというよりは戦車に近い機体であり、ジム (サンダーボルト版)より先に完成していた機体である。

コックピットはAパーツの頭部にあり、前部に砲手、後部に車長の2名が搭乗する。Bパーツの車体前部には兵員輸送スペースが設けられている。移動は車体に備わる4基の履帯によって行われる。胴体部には他の連邦軍モビルスーツと同じくコアブロックシステムが搭載されており、緊急時には砲手のコックピットがコア・ファイターに移動し、Aパーツを上方に飛ばしコア・ファイターを分離することが可能。

武装は低反動キャノン砲やミサイル等で高い砲撃能力を有している。マニピュレーターが備わるため武器を保持することも可能としている。低重力化では機体後部のミサイルを取り外し、機体を下に押し付ける姿勢制御スラスターが装備される。

アニメ版ではデザインが変更されており低反動キャノン砲の位置を肩口からバックパックに移動、腕部の武装の変更、姿勢制御スラスターを装備していない違いがある。

登場作品と操縦者[編集]

機動戦士ガンダム サンダーボルト外伝
「砂鼠ショーン」にて強盗団「砂漠の鷹旅団」に所属するサンドイエローの機体が2機登場する。
機動戦士ガンダム サンダーボルト
ア・バオア・クー攻略戦にて黒猫隊に機体が登場。終戦後はスパルタンに配備された。

装備・機能[編集]

特殊機能[編集]

コアブロックシステム
緊急時にはコア・ファイターで脱出可能。なお脱出できるのは砲手のみである。

武装・必殺攻撃[編集]

低反動キャノン砲
両肩部に2門装備されているキャノン砲。アニメ版ではバックパックに装備されている。
マシンガン
両腕部に装備されている4連装マシンガン。漫画版のみ装備。
4連装ボップ・ミサイル
両腕部に装着されているミサイル。アニメ版のみ装備。
6連装ミサイル・ポッド
機体後部両側面に装備されているミサイル。姿勢制御スラスターを装備する際は外される。
スモーク・ディスチャージャー
両肩部に装備されている発煙弾発射機。漫画版では3セットずつ、アニメ版では6セットずつ装備されている。

対決・名場面[編集]

関連機体[編集]

ガンタンク
正史におけるガンタンク。
ロト / ガンタンクR-44
戦車形態の形状と似ている機体。
ガンタンク初期型 / ガンタンク (THE ORIGIN版)
『THE ORIGIN』におけるガンタンク。こちらは完全に戦車扱いの機体である。

リンク[編集]