ガンタンク (THE ORIGIN版)

提供: ガンダムWiki
Jump to navigation Jump to search
ガンタンク (THE ORIGIN版)
外国語表記 Guntank [THE ORIGIN Ver.]
登場作品 機動戦士ガンダム THE ORIGIN
デザイナー 大河原邦男
テンプレートを表示
スペック
分類 量産型戦闘車両
型式番号 RX-75
主動力 熱核融合炉
開発組織 地球連邦軍
所属 地球連邦軍
乗員人数 2人
主なパイロット
テンプレートを表示

概要[編集]

地球連邦軍が開発した戦闘車両。一年戦争以前から主力戦車(MBT)として運用されている。

基本的な機能は本機の初期型であるガンタンク初期型と同じ。相違点は背部の廃熱ダクトが2基に増加、前面装甲の強化、一部武装等である。前面装甲は艦砲でも貫通できないほどとなっている(初期型は同じ機体の砲撃で正面から撃破されている)。基本的には地上用の機体だが、宇宙でも運用自体は可能となっている。

機動戦士ガンダム』に登場するガンタンクとは大幅に設定が異なっている。

登場作品と操縦者[編集]

機動戦士ガンダム THE ORIGIN
劇中ではすでに旧式であり、ホワイトベース隊にのみ配備されているのが確認できる。

装備・機能[編集]

武装・必殺攻撃[編集]

低反動キャノン砲
両肩に2門装備されている本機の主武装。高い威力と連射速度を持つため、運用次第ではモビルスーツを圧倒できる。
腕部バルカン砲
両腕部に4門ずつ内蔵されている機関砲。
副砲
車体右側に1門装備されている機銃。おそらく対人用。

対決・名場面[編集]

関連機体[編集]

ガンタンク初期型
本機の初期型。
ガンタンク
『1st』におけるガンタンク。

商品情報[編集]

リンク[編集]