陸戦型ガンダム (サンダーボルト版)

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
陸戦型ガンダム (サンダーボルト版)
外国語表記 Gundam Ground Type [Thunderbolt Ver.]
登場作品
デザイナー 太田垣康男
テンプレートを表示
スペック
分類 陸戦用量産型モビルスーツ
主動力 熱核融合炉
装甲材質 チタン系合金
開発組織 地球連邦軍
所属組織 地球連邦軍
主なパイロット モニカ・エル・ビアンキ(砂鼠ショーン)
テンプレートを表示

概要[編集]

ジム (サンダーボルト版)をベースに開発された陸戦用の機体。

頭部がガンダム・ヘッドにも採用されたガンダムタイプからV字アンテナを撤去したタイプに変更されている以外基本的には特に変化は無いが、バックパックのスラスターを大型化、脚部にホバークラフト機構を追加したりと地上での戦闘に合った改修がなされている。

またコアブロックシステムも原型機から引き継いでおり、『砂鼠ショーン』にGアーマーとドッキングした機体が登場している。

登場作品と操縦者[編集]

機動戦士ガンダム サンダーボルト(漫画版)
機動戦士ガンダム サンダーボルト外伝 砂鼠ショーン

装備・機能[編集]

特殊機能[編集]

コアブロックシステム
サブアーム
バックパックに2基装備された簡易式マニピュレーター。武器やシールドを保持することができ、火力や防御力を底上げすることができる。

武装・必殺攻撃[編集]

ビーム・ライフル
Eパック式の一般的な射撃兵装。サブアームで保持して使用することもできる。
ビーム・サーベル
バックパックに2基装備している。
シールド
地球連邦軍で一般的に普及している、十字のエンブレムが付いたシールド。
『砂鼠ショーン』に登場した機体が装備しているものは十字のエンブレムが撤去されており、カラーリングは異なるものの、色分けはブルーディスティニー3号機のシールドに似たものとなっている。

対決・名場面[編集]

関連機体[編集]

ジム (サンダーボルト版)
原型機。
ガンダム・ヘッド
同型の頭部を装備した機体。
陸戦型ガンダムS型
スパルタンに配備されたバリエーション機。アニメ版で設定された。
陸戦型ガンダム
正史における陸戦型ガンダム。こちらはガンダムの余剰パーツから組み上げられた純粋なガンダムタイプの機体である。

商品情報[編集]

リンク[編集]