ジェット・コア・ブースター

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
ジェット・コア・ブースター
外国語表記 Jet Core Booster
登場作品
テンプレートを表示
スペック
別名 コア・イージー
分類 量産型多目的戦闘機
型式番号 FFB-7Bst
主動力 熱核融合炉
開発組織 ハービック社
所属 地球連邦軍
主なパイロット アサヌマ
連邦兵
テンプレートを表示

概要[編集]

地球連邦軍の多目的戦闘機。別名「コア・イージー」とも呼ばれる。

コア・ファイターの機首部分と、コア・ブースターを元に新規設計した胴体部で構成されている。大気圏内用に特化して開発されており、推進機関は熱核ジェットエンジンに換装され、主翼の根元部分にはエアインテークを備えている。可変カナード翼とベクタードノズルを備えており、高い運動性を誇っている。

機首部分の機関砲はオミットされており、固定武装は胴体部の機関砲1門のみとなっている。コア・ブースターに装備されていたメガ粒子砲は兵器としての安定性から採用されていない。その他の武装はオプション化されており、機体下部に兵装ステーションを備えている。任務に応じた武装を選択できるため汎用性が高く、対地攻撃から制空権確保までこなす機体となった。

生産コストも抑えられているが、コア・ファイターの機首とアビオニクスを流用していることから電子戦機器が従来機に比べ高価となっている。

登場作品と操縦者[編集]

機動戦士ガンダム 第08MS小隊
初登場作品。第10話で多数の機体がラサ基地に対し山の地形が変わる程の爆撃を実施した。中にはグフカスタムヒートロッドでぶら下がりヒートソードで斬りかかるという離れ業により撃墜された機体もいた。
機動戦士ガンダム外伝 コロニーの落ちた地で…
味方NPCとして登場する他、7ステージ目にてトリントン基地を占拠したドム部隊の一員(小説版ではマッチモニードニアーライト少佐)が基地から脱出する際に用いた。また、3ステージ目では条件次第で味方NPC(ブルーユリシーズ戦闘機隊 第3小隊隊長 アサヌマ少尉)がガウの爆撃ハッチに特攻するイベントが発生する。
機動戦士ガンダム戦記 U.C.0081 ―水天の涙―
MISSION 4に一般機が登場。しかし登場した次のコマでフリッツザクIIに撃墜されてしまった。爆散寸前にパイロットがベイルアウトする描写があるが生死は不明。

装備・機能[編集]

武装・必殺攻撃[編集]

30mm機関砲
胴体左側に1門内蔵されている機関砲。
大型スマート爆弾
兵装ステーションに装備される対地兵器。コンテナ型の誘導爆弾であり、地面に突き刺さり爆発する。
ミサイル
主翼下部及び兵装ステーションに装備されるミサイル。長射程ミサイルや空対空ミサイルなどが用意されていた。

対決・名場面[編集]

関連機体[編集]

コア・ファイター
機首部分が流用されている。
コア・ブースター
胴体部の設計のベースとなった機体。

商品情報[編集]

ガンプラ[編集]

リンク[編集]