ブルG

提供: ガンダムWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
ブルG
外国語表記 Bull G
登場作品 機動戦士ガンダム サンダーボルト
デザイナー 太田垣康男
テンプレートを表示
スペック
分類 試作型モビルスーツ
主動力 熱核融合炉
開発組織 アナハイム・エレクトロニクス社
所属 地球連邦軍
主なパイロット サム・シェパード
テンプレートを表示

概要[編集]

アナハイム・エレクトロニクス社が開発した試作型モビルスーツ。高出力・重武装によるフルアーマータイプの機体で、地球連邦軍の次期主力機有力候補の1つである。

元々はガンキャノンIIの発展試作機として開発されており、頭部も当初はガンキャノン系列の物が搭載されていたが、一年戦争でのガンダムの活躍にあやかりガンダムタイプの頭部に変更されている[1]

ガンキャノン系列の機体らしく高火力・重装甲の機体だが、大型ランドセルによって機動性も高く近接格闘戦も可能。コクピットは全天周囲モニターが採用されている。

登場作品と操縦者[編集]

機動戦士ガンダム サンダーボルト
第133話よりルナツーに運び込まれた多数の試験機のうちの一つとして登場。機体を視察したルナツー司令ボーマンにその出自を痛烈に批判された[2]が、ダリル・ローレンツパーフェクトガンダムの襲撃に際して迎撃の為に出撃し、特殊ポリマーで敵の動きを止めて終始戦闘を優位に進めた。その後、ダリルの起動させたブラウ・ブロの前に敗退したが機体・パイロット共に生還している。

装備・機能[編集]

特殊機能[編集]

サブアーム
ランドセルに4基備わっている簡易マニピュレーター。武器の保持や使用が可能。

武装・必殺攻撃[編集]

バルカン砲
頭部に左右一対2門内蔵されている機関砲。
ミサイル・ポッド
両肩部に6発ずつ計12発搭載されているミサイル。使用時はハッチに干渉しないよう頭部アンテナが折りたたまれる。ミサイルには暴徒鎮圧用の特殊ポリマーが充填されており、対MS戦では対象の関節やノズルに吸着させ、機動力を奪う。
ビーム・ライフル
ガンキャノン等が装備した物と同型のビーム・ライフル。
2連ビーム・ライフル
ジム等が使用した物と同様の2連装ビーム・ライフル。左腕に装備して使用。
ハイパー・バズーカ
大口径の無反動砲。非使用時はランドセルに懸架可能。
ビーム・サーベル
近接用のビーム兵器。
シールド
2枚装備されている専用シールド。サブアームによって保持されている。

対決・名場面[編集]

VS:パーフェクトガンダム

関連機体[編集]

ガンキャノンII (サンダーボルト版)
ベース機。
Gブル
機体名が似ているがそれ以外の関連性は無い。

リンク[編集]

脚注[編集]

  1. マスクを変えただけで性能そのものは改装前と同じ。改装前の頭部はジム・キャノンIIの物に類似している
  2. 他にもロッソ・ガンダム、ガンダム・翔、ガンマ・ガンダム等の視察が予定されていた。